新卒者が選ぶ 就活でのビジネスシューズ選び

身だしなみ

就職活動中は忙しいですが、身だしなみをおろそかにしてはいけません。ビジネスマナーとして身だしなみが大切だからです。「おしゃれは足元から」といわれるように、新社会人として、ビジネスシーンに適した靴選びをしなくてはいけません。学生時代には革靴を履く習慣がみられないこともあって、ビジネスシューズといっても簡単にイメージが付きませんよね。今回はビジネスシューズについて紹介します。

就活の活動を始める前に知っておきましょう

就活では、何社も企業を訪問することも考えられます。1日中歩き回ることもあるでしょう。行動しやすいように、履きやすく歩きやすい安定感のある靴選びが重要になります。

まず、サイズが合っている事が大切です。大きすぎて歩きにくいと足も疲れやすくなります。靴を購入するのなら、できるだけ夕方の時間帯がオススメです。夕方には足がむくんでしまうこともあるので、靴がきつくなってしまわないようにするためです。

両足で試し履きし、それぞれのかかとと外側に指を1本入れてみて、すっぽり入るようなら大き過ぎるということになります。サイズの合った靴を履き、数歩、歩いてみてきちんとした感覚をつかんでください。試着する際は男性ならビジネス用の靴下を、女性ならストッキングを履いて靴屋さんへ行きましょう。

男性、女性の靴選び

ビジネスマナーではある程度決まりがありますが、靴の選び方は一つではなくいろいろな見方があると思います。情報収集しながら、靴選びをしていきましょう。

「男性靴」

【ストレートチップ】
つま先部分に横一文字の切り返しラインが入ったデザイン。就活だけではなく、冠婚葬祭にも適しているといわれていますので、幅広く使えます。特に黒色はさまざまなシーンに対応できるので1足持っておくといいですね。縦シワが入りにくいので長く使えるのも特徴です。

【ユーチップ】
つま先部分がUの字に縫い込まれているデザイン。ユーチップはビジネスシューズに最も多いデザインですが、さり気ないオシャレを引き出しています。

【その他】
・靴は数足あると便利です。2~3足くらいあるといいですね。
・紐のビジネスシューズがオーソドックスです。
・色に迷ったら、業界によっては焦げ茶もいいと思いますが、黒が無難でしょう。
・基本はベルト、カバン、などの革製品などの色も靴に合わせる事です。スーツスタイルで靴の色と合わせる事で、全体の統一感が全く違ってきます。

「女性靴」

【ヒールの高さに注意】
だいたい高さ3~5センチのヒールで、高過ぎず低過ぎない高さがおすすめです。姿勢が良く見られる効果があります。ヒールでも走れて、疲れない、動きやすい、底のしっかりとしたパンプスを選びましょう。

【ビジネスシューズはパンプスが基本です】
男性と同じくカラーでは黒が無難ですが、ブラウンなどスーツに合わせて選んでみるのもお勧めです。パンプスに履き慣れていない方には、ストラップ付のパンプスをお勧めします。

【その他】
・先端の丸いパンプスが好ましいといえます。
・尖っているものは、カジュアルな印象に受け取られる可能性が高いので避けましょう。
・ヒール部分が太いと安定感があり、歩きやすいでしょう。

意識してほしいポイント

新しい靴を購入した場合は、靴ずれ防止のためにも履きならしておくといいですね。

パッと目に入った靴がボロボロで汚れが目立っていると、相手には悪い印象となります。
そうならないためにも、日頃の手入れなど気にしましょう。

「さり気なく」のおしゃれがビジネスシーンでのポイントではないでしょうか。社会人のおしゃれで目立つような派手さだと、自己主張が強そうにみえたり個性的過ぎると良い印象にはなりません。

まとめ

就活を始めていく上で、ビジネスシューズは動きやすさも大事ですが良い状態で長持ちさせる事です。そのためには定期的なメンテナンスが欠かせませんので、汚れた靴によってだらしないイメージを与えないためにもきちんとした足元を整えておきましょう。

人と企業との懸け橋となる人材業界について興味をもたれた方、また、これから就活に挑む方は、当方でも新たな人材を求めております。興味のある方は、株式会社エントリーまでご連絡をお待ちしております。