社会人としての身だしなみ~見えないおしゃれ、ベルトはバランスよく使いこなしてスッキリと!!~

身だしなみ

ベルトは身だしなみの一つで、スーツ姿やカジュアルスタイルでもバランスよく使いこなせることが大事です。営業など社外に出る機会が多いと、最初の第一印象が会社の印象となります。見た目で与える印象は非常に大きいです。今回はビジネスマンとしての身だしなみにおいての「ベルト」について紹介します。

ビジネスマンの身だしなみの基本

身だしなみとは単なる服装ではなく、身につけておくべき教養と趣味といった事柄も持っています。何より相手に不快感を与えない服装で、場所や立場、地位に合った服装をすることが、まわりへの配慮となります。

・清潔感
・相手へ不快感を与えない
・健康的、機能的
・仕事がしやすい、動きやすい

ベルト周りをバランスよくすっきりと見せるには!!

ビジネスファッションとは、社会で映し出される自分の鏡だと思って下さい。身だしなみが出来ていないと、会社の顔を汚すようなものです。次のことに気をつけていきましょう。

ベルト選び

・ベルトや靴などの革製品は、同系色で統一感を出すとよく失敗も少ないでしょう。
・スーツ姿にはやはりシンプルなベルトがマッチしますね。
・靴も服装と合わせるように、ベルトも合うものをチョイスします。派手な物や、目立つ色は避けましょう。落ち着いた色で、黒や紺、茶色など、どの服装にも統一しやすい色を数本選んで揃えておくといいですね。
・ジャケットやカーディガンなど、何か上から羽織るものがあるとベルトが見えにくくなると思いますが、見えない身だしなみも意識してきちんと選んで身につけてほしいです。

ベルトの扱い

・ベルトの留め位置は穴の数に合わせて、穴の中心で締めるサイズを選びましょう。
・穴なしベルトでは端の余った部分が長すぎると、かっこ悪いので長さを調整しましょう。
・ベルトがヨレて、破損があるとマイナスな印象になります。定期的に買い換えましょう。

ベルトはしっかりと留める

・腰パンは見ているとだらしないです。そう見られないようにベルトはしっかりと留めましょう。
・シャツがヨレヨレでグチャグチャだとだらしなく見えますので、それを防ぐインナーベルトがあります。ワイシャツのはみ出し、ずれを防止するのでオススメです。

まとめ

毎日、ビジネスシーンで身だしなみに気をかけていると、はっきりと印象が変わってきます。毎日が成長への階段です。ベルトだけでも大きく印象が変わります。目立たない身だしなみも気を付けましょう。また、これから就活される新卒の方へは、ベルトと財布などを揃えて贈り物をすると喜ばれます。贈り物として人気がありますので、贈られた方は、社会のおしゃれを知り、それが励みになり、さらにやりがいを感じてもらえることでしょう。

人と企業との懸け橋となる人材業界について興味をもたれた方、また、これから就活に挑む方は、当方でも新たな人材を求めております。興味のある方は、株式会社エントリーまでご連絡をお待ちしております。