第一印象は身だしなみから~第一印象アップへの取り組み~

身だしなみ

「人は相手の第一印象を0.1秒で決めている」と論文にも記されています。短時間で人は、人の外見からその人の雰囲気や表情、身だしなみなどを無意識に見ているといいます。最初の情報を第一印象に残すため、その後での挽回は難しいそうです。今回は第一印象の中でも、身だしなみに関して学んでいきましょう。

身だしなみチェックはどこを見ればいい?

【髪】
全体の3分の1の人は、気になっているという髪の整え方。寝癖やボサボサ感のある髪だと身だしなみを整えていないといった印象を与えてしまい、また髪の色が明るすぎだと仕事に向いていないと判断されますし、長すぎでも清潔感がないと思われてしまいます。平均的な髪型がよいということでしょう。

【顔】
眉毛やヒゲの手入れもしっかりとしましょう。剃らないでそのままにしておくと、相手が受ける印象としては不潔に感じてしまいます。眉毛は、あくまでも細くしすぎないで自然体のような形に整えることをオススメします。男性は眉毛を整えていない方が多く、伸びっぱなしの眉毛を処理するなど少し整えるだけでも第一印象は変わります。

【手】
爪は長すぎていないか常にチェックを行いましょう。長いと業務中の邪魔(キーボードをたたく音が大きくなったりなど)になってしまいますし、就業場所によって女性はネイルなども禁止されています。マニキュアも派手な色は避け、落ち着いた色の方が印象としては良いかもしれません。

【靴】
女性がヒールを履く場合には、高くても3cm~5cmのヒールが良いでしょう。男女共に、靴が汚れていないかを確認をして下さい。また同時に、着ているスーツにその靴の色や形は合っているのか判断も大切になってきます。

【洋服】
サイズが大きすぎたり、小さかったりしていませんか?アイロンを掛け、シミやシワがないようにして下さい。ボタンが取れそうになっていたり、袖がボロボロになっていたり古くなっていると第一印象は悪く見られてしまいます。

【持ち物】
ハンカチは持つようにしましょう。緊張してしまい、汗をかいてしまったとしてもすぐ吹けるように前もって準備をしておいて下さい。これからの暑い季節、必須アイテムともいえるでしょう。

また、メガネを掛けている方はレンズやフレームが汚れていないか確認し、汚れている場合は人と対面する前に綺麗にしておきましょう。

身だしなみはマナー

身だしなみの基本は「清潔感」です。その一つひとつは小さなことですが、全体の印象が変わります。後は、表情です。表情も第一印象になってきますので、相手の目を見て話すようにして決して目を泳がさないことが大切です。自分自身を外見から見直す良いきっかけになると思いますし、意識することであなたの第一印象は変化することでしょう。

まとめ

第一印象は、身だしなみだけではなく相手からどう思われるかも大事です。見落としがないように普段から身だしなみに目を向けてみてはいかがでしょうか。

人と企業との懸け橋となる人材業界について興味をもたれた方、また、これから就活に挑む方は、当方でも新たな人材を求めております。興味のある方は、株式会社エントリーまでご連絡をお待ちしております。