身だしなみ三原則で、あなたのイメージ三倍へ

身だしなみ

人前では身だしなみはとても大切なことと言われていますが、それに対しての情報として大きく分けて三つあるようです。その三原則を学んでいくことであなたのイメージが三倍にもなるなら、その身だしなみを身につけたくありませんか?それではその情報を紹介していきましょう。

身だしなみ三原則のお決まりの言葉

【清潔感】
まず身だしなみの定番としては「清潔感」が第一とされます。清潔感はシワ、シミなどの服装の汚れ、身体的にも髪型、化粧、体臭、口臭、手足の手入れにも清潔感が表れます。

服装は洗濯で綺麗に洗いシワをのばすためにアイロンをしたり、髪型はしっかり整え、髪色もできるだけ派手にならないようにすることです。

体臭にはしっかりと風呂入ることからです。そして着る服装には香水などをうっすらとつけることが良いとされます。匂いが強すぎると、逆にきついかもしれませんし、その匂いが苦手な方にはいい匂いより臭いという気持ちの方向へ流れてしまうかもしれません。

口臭については、タバコを吸うスモーカーの方の口臭は相手側へとても影響があります。タバコを吸わない人にとっては、スモーカーの方と近くで向き合いながら会話をすることはきつく、吸った後には服装にも匂いが残るためかなり清潔感がマイナスになってしまいます。そのため、配慮が必要になってくるでしょう。

手足は爪をあまり長くのばさないようにしてください。女性の方はネイルやマニキュアなどは、派手すぎないものが良いでしょう。

このように毎日清潔感を保つのはとても大変なこととされます。

【機能性】
機能性でみていくと、シャツやスーツ、靴などは自分の身体に合ったもので、動きやすく、安全性に重視したものを選ぶとよいでしょう。つまり自分の身体サイズに合わない、仕事上使いにくい、機能性が悪いため怪我をしてしまう恐れがあるものは避けるべきです。

【調和】
調和はTPO(時間・場所・場合)にあっていて、その場に応じて違和感なく着ていられる服装のことをいいます。それを守っていかなければ迷惑がかかり、失礼行為にまでなってしまいます。調和とは空気を読むということなのかもしれません。

身だしなみは絶対に清潔でもない

身だしなみ三原則をここまで紹介してきましたが、一つ言っておきたいことがあります。身だしなみは絶対に三原則を守ることではありません。職種によってはおしゃれを追求した目立つようなファッションが必要であったり、仕事の場により技術的仕事で日々の作業で汚れてしまい、汚い服装の方もいます。

一般的に身だしなみとは、相手に対する気遣いといえるため、世の中の平均を追求することではないのです。そこを理解してほしいです。

まとめ

お決まりの身だしなみ三原則をより一層極めることで、あなたの身だしなみは清潔感で一倍、機能性で二倍、調和までしっかり整えることができれば三倍もの魅力があるのです。

これから就活に挑む学生の皆さんへ、当方でも新たな人材を求めております。興味のある方は、株式会社エントリーまでご連絡お待ちしております。