社会人として知っておくべきビジネスマナー~身だしなみ編~

身だしなみ

ビジネススキルの一つにも当てはまる「身だしなみ」は、社会人として当たり前のように認識されています。「身だしなみ」は、仕事への熱心さや清潔さなどの品格にも影響されます。仕事の種類や内容、会社風景にもよりますが、どの業種であれ社会人にとっての「身だしなみ」は、ビジネスマナーになることを心がけておきましょう。

印象よく見られるためには?

お友達など、昔から知っている知り合いはその人のことを深く分かり合えているため、外見は気にしないと思いますが、初対面の人やよく知らない人に対しては見た目から判断されてしまいます。

人は見た目からその人の印象付けをしますので、「9割は外見だ!」という人もいます。ですが、職場関係の人だと「毎日顔を合わせる仕事仲間」なので、特に「身だしなみ」は気にしないといけないかもしれません。

身だしなみへの気配りが大切

「身だしなみ」はあくまでも「清潔さ」を求めるものであり、「おしゃれ」を意味している言葉ではありません。印象を良くすることが目的になりますので、「身だしなみ」とはどのようなことなのか理解をする必要があります。

自分で気付くことが難しい「身だしなみ」ですが、スーツの場合だと1日着ることになりますので臭いがこもってしまいます。ですから、スーツを脱いだら風通しの良い場所でハンガーに掛けることを意識して下さい。1日着たら1日間を空けるようにして下さい。どうしてもスーツの傷みを逃れることは難しいですが、何着かを1日置きに交互で着ることで傷みを遅らせることは可能です。

また、デザインで選ぶのではなく機能性で選ぶことをオススメします。あまり派手なものを選んでしまいますと、お仕事には向いていないとみなされます。デザインよりも機能性のあるスーツを選んでいきましょう。企業によってはカジュアルなスーツも認められていますが、これは決して自由という訳ではなく、お客様が来たら対応できるような落ち着いたカジュアル系にしましょうということです。

まとめ

服装の他にも、「身だしなみ」には髪型や手先、アクセサリーにも注意をしましょう。鼻毛の処理や体臭などにも気を引き締めて、社会人の「身だしなみ」として恥のないよう取り組んでいきましょう。

人と企業との懸け橋となる人材業界について興味をもたれた方、また、これから就活に挑む方は、当方でも新たな人材を求めております。興味のある方は、株式会社エントリーまでご連絡をお待ちしております。