外見の身だしなみ ~髪型・色などはどのようなものがいいの?~

身だしなみ

初めての人に会う時に大切なのが、第一印象ですね。重要な場面なら、相手からの印象は気になります。たとえば、就職活動の面接では限られた時間で自分を精一杯アピールして、面接官に好印象をもってもらうことが最重要となります。第一印象の中でも、重要視されるのが外見です。今回は、外見のなかでもとくに目立つ髪型・髪の色についてみていきましょう。

髪型・長さ

男性の場合、清潔感を印象づけるには髪を短くカットすることをお勧めします。
その際、相手に自分の顔がよく見えて表情が伝わりやすく、清潔感のある髪型をセットするには前髪を眉毛より上の方でカットする事がよいでしょう。襟足は襟にかからない長さを意識しましょう。

女性の髪の長い人は、耳が出るようにひとつにまとめるとスッキリみえます。その際、派手なアレンジはいけません。結べない長さの場合は、あえて結ぶ必要はありませんが、前髪が長い場合は髪が目にかからないように、横に流してヘアピンで固定するなどして、表情が分かりやすいようにしましょう。立ったり座ったり、おじぎをしたときに髪が顔にかからないようにすることが大切です。

髪の色

男女ともに生まれ付き明るめの色の場合は、黒に染める必要はありません。髪を明るい色に
染めて染め直す際は、理容室や美容室や床屋などで「地毛に近い自然な色にしてください」と伝えると綺麗に染めてもらえます。

就職活動後

新入社員がすぐに黒髪から髪色を染めてしまうと、周りから浮いてしまうだけではなく印象も悪いです。入社してからすぐに髪色を変えたというのは、仕事に慣れるよりも風貌を気にして目立ちたいという気持ちのあらわれのようでもあります。

清潔感を保つ

極端なアシンメトリーやツーブロックなど、流行りの髪型の極端なアレンジなども清潔感を損なう場合もあるので注意しましょう。それよりは、こまめに理容院などへ行って清潔感をキープすることを心がけましょう。その心がけが「身だしなみ」に繋がります。

目にかかるくらい長い前髪ですと、表情も分かりづらく暗い印象に見えがちです。そのため、清潔感を演出するためにも、ワックスなどで前髪を上げたりサイドに流したりするのがポイントです。

まとめ

男性ですと、1か月くらいで髪がのび、頭のボリュームが大きくなりシルエットも崩れてくるため、こまめにカットなどしてメンテナンスを行いましょう。就活時に明るい髪色を黒く染める場合には、直前に染めると皮膚にトラブルが起きたりすると困るので、余裕をもって予定をたてることをお勧めします。面接では、志望者に社会人としてのビジネスマナーが備わっていたのかも期待されるので、「身だしなみ」はきちんと整っていることが最低条件とされています。

これから就活に挑む学生の皆さんへ、当方でも新たな人材を求めております。興味のある方は、株式会社エントリーまでご連絡お待ちしております。