身だしなみの「化粧」は仕事でも大事

身だしなみ

社会人としての服装は、「身だしなみ」の整った格好にしたいです。なぜなら、第一印象がよくなるからです。今回は、「清潔感と調和」の取れた「身だしなみ」としての「化粧」について見ていきましょう。

「化粧」はビジネスマナー?

休日は面倒だからという理由で化粧をしなかったり、個性を引き出すために派手目の化粧などをする方もいます。プライベートな化粧は自由ですが、ビジネスにおいての「化粧」は「身だしなみ」として大切な事なのです。相手に対して不快感を与えないことや敬意を表すことがマナーとしての「化粧」に必要になってくるのです。

ビジネスでのノーメイク

「化粧」をしないで職場に行くと周りから顔色が悪いなど、良い印象を持たれないこともあります。取引先との商談では、髪が乱れてまとまりがないと大変失礼になってしまいます。相手に敬意を払うためにも「身だしなみ」と「化粧」は大事になります。

職場や職種による化粧の程度

「化粧」の仕方は、職場や職種によって程度は異なりますが、派手過ぎるものや奇抜な化粧は避けて、仕事では状況に応じた節度ある「化粧」を心掛けて、その範囲で自分に似合う好みのメイクをしましょう。

ナチュラルメイクの基本

好印象を与える化粧として代表的なのは「自然な薄化粧」です。社会においても薄化粧が好まれますが、手抜きではなく、自然な違和感のない仕上がりとなるメイクのことです。

ファンデーション

ファンデーションは自分の肌に合ったものを選び、首の色に合わせると自然な仕上がりになりますが、厚塗りには注意し、クマなどが目立つようであればコンシーラなどを利用すると良いです。

肌の調子が悪い場合には下地などで調整しましょう。色が付いている(ピンクやオレンジ、緑など)の化粧下地は、肌色に合わせるのではなく肌の悩みに合わせて、色を調整できるのでおススメです。

眉毛は抜きすぎや剃りすぎたりすると、不自然な仕上がりになります。必要以上の手入はしないことがポイントで、髪の色に合わせて自然な色味にすると良いです。

最近は自分の眉毛を活かした自然な眉を描く方法を教えてくれる動画などもあるので、眉に限らず化粧が苦手な方はそれらを参考にしてみるのもいいかもしれません。

アイシャドー

アイシャドーはブラウン系やグレー系が良く、ピンクやブルーは派手な印象になる場合があり、濃く入れすぎると仕事場にふさわしくないことがあります。清潔感のある「化粧」は、ナチュラル感が大事です。

アイライン

濃すぎたり長すぎたりするアイラインは、「身だしなみ」としての「化粧」としてはふさわしくありません。アイラインはできるだけ見えないように、キワを狙うのがよいでしょう。

チーク

チークは、血色をよく見せるために必須アイテムで、肌の色や髪毛色によって似合う色が人それぞれ異なります。オレンジ系か、ピンク系を使うと良いです。

リップや口紅

普通のリップでは血色が悪く見える人は、色のついたリップを使うとよいでしょう。色味を抑えたものがナチュラルに仕上がります。

以上のポイントを押さえて、「身だしなみ」としての「化粧」を心がけるようにしましょう。

まとめ

「身だしなみ」として「化粧」をすることは、職種によっては社会人として欠かせない「ビジネスマナー」です。「化粧」と仕事の結びつけを、快く思っていない女性の方もいるかもしれませんが、時に「化粧」は相手に良い印象や好感を与え、会社のイメージにも影響します。ただ「化粧」をすれば良い、薄化粧だから良いわけではありません。「化粧」後は最後に必ず全身を鏡に映して、髪型や「化粧」とのバランス、スーツを着た時の総合的なバランスを見てください。

人と企業との懸け橋となる人材業界について興味をもたれた方、また、これから就活に挑む方は、当方でも新たな人材を求めております。興味のある方は、株式会社エントリーまでご連絡をお待ちしております。