面接でベストな身だしなみとは?

身だしなみ

まず、面接官があなたを見て第一印象を決めるのは外見なのです。面接だけに問わず、どんな場面でも人の第一印象は、見た目から決まると言われています。面接は、僅かな時間内で行います。適当に挑んで、後で悔やんでも遅いのです。そこで、大切な1歩を踏み出す前に正しい身だしなみをしっかりと覚えておきましょう。

面接前に身だしなみのチェックポイントを知ろう

・髪型
髪を明るい色に染めている方は、ダークブラウンなどの暗めの色に染めなおしましょう。明るい髪だと、どうしても印象悪く見られてしまいます。また、寝ぐせやフケも気を付けて、髪の長い女性はヘアゴムなどで結んで顔をスッキリ見えるように心がけましょう。

・顔
眉毛がまだらになっていたり、鼻毛が出ていたりすると印象が良くないです。毎日鏡の前に立つように心がけ、ヒゲ剃りも欠かさないことをおすすめします。女性は、メイクを濃くするのはNGとされており、ナチュラルな感じでメイクをすると表情が良く見え、明るい雰囲気が出るので、面接時から印象良くすることができるかもしれません。

・服装
「服装に特に指定はありませんので、とりあえず清楚な服装で来て下さい」と伝える会社も少なくありません。しかし、服装に指定がないからといって派手な服装を着て面接を受けることは、ふざけている印象を与えてしまいますので気を付けましょう。

一番は、やはりビジネススーツです。中には、「スーツ以外で来て下さい」と言ってくる会社もありますが、カジュアルでもオフィスに適している服装を心がけて、女性はアクセサリーやマニキュアなども光沢感のあるものは身に付けないことをおすすめします。

男性のネクタイも汚れがないか確認しましょう。ベルトに傷があったら新しいベルトを購入し、着衣の色と合っているかなどの確認も必要となります。「長すぎる・短すぎる」は、他人からの見栄えは良くありませんので、ちょうど良い長さを知っておくべきです。

・爪
爪が汚れていたり、伸びていたりしていると清潔感が失われ不潔に見えてしまいます。また、女性は指先が自然に綺麗に見えるような薄い色やトップコートで爪を綺麗に見せましょう。

・持ち物
ハンカチとポケットティッシュは、持っておくようにしましょう。ポケットに入れることが難しい方はリクルートバッグなども持ち、それに入れて持ち運ぶようにしましょう。リクルートカバンを持っていると、必要な書類と履歴書なども手に持たなくて済み、効率良く動くことができます。

後は、身元確認ができる身分証明書も持っておいた方がいいかもしれません。

まとめ

面接で社会人としての人生が決まるといっても過言ではないです。そのため、面接時の身だしなみは、特に大事なことなのです。ですから、今まで以上に気を引き締めて取り組んでいきましょう。

これから就活に挑む学生の皆さんへ、当方でも新たな人材を求めております。興味のある方は、株式会社エントリーまでご連絡お待ちしております。