社会人として考えてみよう ~ビジネスマナーの基本・身だしなみ~

身だしなみ

新社会人になると、着なれないものを着て、慣れない場所へいきいろいろなことを覚えます。そんな忙しい毎日でも、おろそかにしていけないのが「ビジネスマナー」です。
ビジネスマナーの基本とされる「挨拶」や「身だしなみ」などですが、今回は「身だしなみ」はどのようなことに、気を付けなければいけないのかを見ていきたいと思います。

身だしなみの大切さ

身だしなみの基本は、相手へ外見として与えてしまうイメージに気を配ることと言われています。そのイメージによって、相手が自分に対する会話や接し方がかわってしまいます。そのため、身だしなみは相手へ不快感を与えないためにも、しっかりと意識しなければいけません。

〇清潔感
まず1番注目されるポイントとして、「清潔感」があります。服装も高価なものを着ていたとしても、シワや汚れがあり、きちんと整えられていなければ「清潔感」は無くなってしまいます。そのため、社会人としてはおしゃれではなく、まず「清潔感」を大事にすることが好ましいでしょう。

〇髪型・ヘアスタイル
男女共にヘアスタイルも適切な長さで整えることです。気になるようなら、白髪も染めましょう。派手に染めるのではなく、自然に黒・茶色で抑えるほうがいいでしょう。

〇その他
男性はスキンケアとして髭剃りをしっかりとすること、女性はメイクを薄っすらとするほうが「清潔感」を表すことができます。その他、爪切りや歯磨きで口臭のケアにも気を配りましょう。

機能性も身だしなみ?

次に身だしなみについて「機能性」を考えてみましょう。仕事場で着ている服装などのサイズが合わず、作業の妨げ・邪魔になってないかということになります。ダボダボするような大きいサイズも、だらしなく見えることがあります。

職種により服装のスタイルは違いますので、それにあった動きやすい服装を着ることが大事です。その職種にあったスタイルであっても、機能性に優れていなければ、身体的影響でストレスを感じます。

身だしなみとしての調和

身だしなみとして、その場で「調和」しているかどうかというのは大事なポイントです。
その場の雰囲気を乱した場合には、違和感となり目立ちます。場合によっては、まわりから不信感を抱かれ、身近な方にも迷惑をかけてしまうということもあるので、気をつけたいですね。

まとめ

身だしなみには、「清潔感」・「機能性」・「調和」といったことを中心に見ていくことで、接する相手に対しても失礼な影響を与えなくてすむはずです。大事に守っておきたい身だしなみの基本といえるでしょう。

これから就活に挑む学生の皆さんへ、当方でも新たな人材を求めております。興味のある方は、株式会社エントリーまでご連絡お待ちしております。