ビジネスパーソンなら気を付けたい! ~身だしなみが与える会社への影響~

身だしなみ

ビジネスパーソンとして、清潔を意識して身だしなみを整えることは大切です。身近すぎて小さい事のように思われるかもしれませんが、とても重要なことなのです。社会人として会社に所属している場合、それはとても大切な「ビジネスマナー」となるのです。

ビジネスシーンにおいての身だしなみ

よく聞く話ですが、人の第一印象が決まるのは数秒です。ビジネスにおいて人を見る基準は「信頼できるか」です。仕事ができる相手なのか、取引していい人・会社なのかなのです。そのため、営業職ならとくに気を付ける必要がでてくるでしょう。

社内において、だらしのない恰好の人がいてそれが許されるのなら、人は楽な方へ流れるものです。きちんとした恰好が、一般的な世の中の平均だとする場合、そこからどんどん離れるとどうなるのでしょう。人を意識せず、社会を意識しない会社が、信頼を得ることができるでしょうか。

従業員の身だしなみを規制する社内教育

身だしなみの乱れが原因で起こる、社内に与える悪影響を回避しなければなりません。そのため、新人の社員に対して挨拶や言葉遣いなどと並んで、身だしなみを「ビジネスマナー」として教える企業もあります。身だしなみは自分中心の考え方ではなく、他者に評価される認識を持つことが大切です。

例えば
・スーツやワイシャツの色や柄、しわや汚れ
・靴と靴下の色や形、ケア
・髪型、髪の色、髪の長さ、全体のバランス
・ヒゲの有無
・女性であれば、ナチュラルメイク、色を抑えたネイルなど、人によっては違いがあります。なので、会社の規定に合った身だしなみを心がけなければなりません。

服装や髪型などの外見は会社のイメージにも影響があります。機能的でTPOに合わせた服装で、清潔を意識した身だしなみを心がけましょう。

茶髪とカジュアル

最近、一般企業でもカジュアルな服装や茶髪を認めているところがあると思います。ですが、どんな身だしなみも認められるわけではありません。髪色だと極端な目立つ染め色は問題です。また、服装の場合も、男女それぞれに合った服装は異なります。上司が部下の身だしなみが会社に適さないと判断した場合は、会社規定に基づいて改善命令をしなくてはなりません。

まとめ

会社の規定に合わせた身だしなみを個人個人が意識しなければなりません。身だしなみを整えることは、相手に対し敬意を表すことになります。これは、どんな職種であっても同じだと思います。ビジネスマンとして身だしなみを気を付けたいところです。

人と企業との懸け橋となる人材業界について興味をもたれた方、また、これから就活に挑む方は、当方でも新たな人材を求めております。興味のある方は、株式会社エントリーまでご連絡お待ちしております。