見られています。清潔感のある身だしなみ意識しましょう。

身だしなみ

清潔感を出すためには、身だしなみが非常に重要になります。ちゃんと洗濯された衣類を着ていても、それがシワクチャではだらしなく見えます。このように、身だしなみが適当では、清潔感のある人には見られません。清潔にすることと、清潔に見えることは違うのです。

他者から求められる期待の1つ

異性に求める条件の1つにあがってくるのが「清潔感がある人」です。これは、男女関係なく好む条件のようです。では、清潔感がある人とはどのような人なのでしょうか?

他者から見られる身だしなみを意識して、身なり、着こなし、エチケット、がきちんとして周囲にいる人に不快感をあたえないようにできる人です。では、どのようなことに気を付けるとよいのでしょうか。

気を付けたい・ポイント

清潔感を演出するためには、どこに気を配るべきなのでしょうか。特に意識したい部分を、ピックアップしてみましょう。

① 肌
血色がよくきれいな肌の人は、清潔感もあるように見えます。さらに、栄養をちゃんと取って健康的な日常をおくっているような健康的な印象も受けます。普段からスキンケアにも気を付けて、肌艶のいい状態にしたいですね。

② 髪型
髪型によって人の印象は結構、影響を受けます。清潔感をだす重要な場所といえるでしょう。寝ぐせのついたボサボサのヘアスタイルでは、かっこよくても綺麗でも、残念な感じがします。髪型が整っていてきれいにセットされていると、普段から身だしなみに気を配ることができる人に見えます。

③ 衣類・服装
肌や髪の毛に続いて、意識したいのが服装です。服にシミや汚れ、シワ、毛玉などがあるとだらしなく見えます。自分にあったサイズの服装、着こなし、メンテナンスができると、普段から自分やその周りの管理がきちんとできる印象を受けます。

そんな人が靴下に穴が空いているとは誰も想像しないはずです。足の裏は結構な汗をかくものです。靴下は何度も履いて洗濯すると、吸水性も落ちてしまうので、古くなったら買い替える必要があるでしょう。

④ 口臭・体臭
食生活や生活習慣の乱れや疲労が蓄積したときには、体内から発生するアンモニアが原因となりツンとした匂いを発生させてします。人と話すときに、口臭がひどいと相手に不快感を与えてしまいます。もしも、ビジネスの場面なら、どんなに良い取引内容だったとしてもマイナスの印象を与えてしまいかねません。

疲れがたまると発生するといわれている「疲労臭」を防ぐには、1日の疲れやストレスをため込めない事が大切です。夜はシャワーだけでなく、ゆっくり湯船に浸かると、血港促進ができリラックス効果が高まり疲労臭を防ぐことができます。食べ物にも気を付けて肉・魚・野菜などをバランス良く摂取する事が大切です。

⑤ 爪・手
爪間にゴミは入っていませんか?手や指先を使う仕事の方は、爪にも指先は人に見られているものです。爪を切るだけではなく、磨きをかけてきちんと整えることで、清潔に感じます。

爪のケアと並行して、手荒れにも気を付けたいですね。一般的に男性は女性よりも手荒れしにくいですが、冬場などの空気が乾燥する季節は、こまめにハンドクリームを塗るなどして乾燥しないように対策を心がけましょう。ハンドクリームは無香料のものを選ぶと、周りにも気を使う必要もなく安心です。

■まとめ
口元や靴など、他にも清潔感がある印象を与えることができる場所はあります。隅々まで気を配ることで、清潔感が醸し出されて爽やかな印象から好感が持たれやすくなるはずです。さらに、自己管理のできるきちんとした性格やまわりに配慮ができる様子は、内面の良ささえも想像させるのです。