スーツのお手入れ、それは社会人の身だしなみ

身だしなみ

社会人ともなれば、スーツに袖を通す機会も多くなることでしょう。職種によっては毎日着用しなければならないケースも。そんなビジネスシーンでの身だしなみには欠かせないスーツについて、日頃のお手入れ方法を中心に見ていきましょう。

人は見た目が重要?なのでスーツのお手入れが需要

人間は外見より中身が重要、とよく言われます。確かにその通りでしょう。しかしながら、人はなにかと外見のほうに目が行きがちな生き物で、見た目の印象から人柄の大部分を無意識的に判断してしまうが常です。

また中には、日頃の身だしなみがきちんとできているかという点が、中身もきちんとした人なのかどうか見極める際の判断材料となるという見方もあります。

以上のことを考えると、身だしなみは社会人にとって無視できないポイントであると言えます。とりわけ公式の場において、着用が必須となるスーツについてはいっそう注意を払わなければなりません。そのために、日頃から自分でできる簡単なお手入れ方法を知っておく必要性があるのです。

では、具体的にどのようにお手入れしていけばいいのか、見ていきましょう。

基本的なお手入れ方法

完璧なお手入れ方法は「毎日クリーニングに出す」となるでしょうが、それではお財布に厳しく現実的とは言えません。下記のような日常的なお手入れに気を配ることで、スーツを長持ちさせられます。

・【着用後はハンガーにかける】
家に帰ったらハンガーにかけるようにしましょう。そうすることで型崩れを防ぎ、軽いシワなら生地が自重で伸びることにより消えます。ハンガーはスーツの肩のラインに合う厚みと丸みを持ったものを使用しましょう。骨組みが細いと型崩れの原因になってしまいます。

またズボンも専用のハンガーに吊るしておくことにより、軽いシワを伸ばして消せます。

・【ポケットの中身は全部出しておく】
一日スーツを着終わったら、ポケットの中身を全部出しておきましょう。それによって、
ポケット周りの型崩れを防げます。

・【ブラシをかける】
着用後スーツをハンガーにかけたら、全体をブラッシングしてホコリを落としましょう。
小さなホコリでも放置しておくと虫食い・穴あきの原因となってしまいます。全体を軽く叩いてホコリを浮かせ、上部から順にブラシをかけていけば効率よくホコリを落とせます。襟裏やポケットの内側など、目につかない部分も見落とさずブラッシングしましょう。

粘着クリーナーによって汚れやホコリを取ることはできますが、繊維のながれを整えることはできません。洋服ブラシをかけることで、その繊維のながれを整えて毛玉やテカリなどを防ぐこともできます。

・【一日着たら一日陰干し】
一日着用したスーツは翌日使用せず、一日間陰干ししておくようにしましょう。一回着ると汗を吸ってしまうのは避けられません。風通しの良い状態で室内干ししておくことで、汗などの水分が揮発し、いやな臭いの発生を抑えられます。

まとめ

以上、日常的なスーツの身だしなみを維持していくためには欠かせないお手入れ方法について見てきました。人間たしかに外見より中身が重要です。その一方まずは形から入るという考え方もあります。良い仕事への取り組み方の第一歩として、まずは日々の身だしなみから入るのも一つの手ではないでしょうか。

これから就活に挑む学生の皆さんへ、当方でも新たな人材を求めております。興味のある方は、株式会社エントリーまでご連絡お待ちしております。