身だしなみに必要なベルトの選び方

身だしなみ

ベルトはビジネスマンが普段着用するスーツの一部として使われ、相手へ与える印象などをよくする意味で必要不可欠とされており、ファッション性はその二の次であるとされています。今回はベルトにまつわる話をします。

ビジネスで使用されるベルト

実際に使うのならば、色やデザイン、それに太さについて配慮が必要とされています。ここでは、それぞれのジャンルにおいて気を付けておくべきことをまとめてみました。

派手な色はなるべく避けておくのがよいでしょう。ビジネス業界において、清潔感を第一に考えるとともに、靴やスーツの柄に合わせておくことが重要とされています。理想としては、黒や茶色系統が無難とされ、外見も落ち着いたイメージに見られるからです。

現代では作りも考えられ、両面が色別ということで裏表使うことができるため、スーツに合わせた色を切り替えることができる仕組みも採用されました。そういう意味でも、色に関しては同一のカラーに統一しておくことです。

デザイン

一般的には目につかないだろうとお思いでしょうが、実はここも注意すべき項目とされています。デザインはシンプル且つ無地であることが条件とされています。柄物に関してはスーツに適さないということで、こちらはプライベートの時に着用するといいでしょう。

また、ステッチやバックルなどについても落ち着いた雰囲気かつ実用的なものであるのが理想で、穴を通すだけではないベルトもありますが、こちらも色については通常のものと一緒であることが大事です。

また、バックル、ステッチのデザインも地味なものがいいでしょう。ただ穴を通すだけではないおしゃれなベルトもありますが、このような面でも一般的な色がいいと思います。

太さ

こちらはサイズになりますが、太すぎると判断した場合は違和感にしかなりません。一般的基準3センチ程度ならば問題ないと思ってください。体系は人それぞれといいますが、太さ一つとってみても違いを感じますので店頭へ赴いてから、自分にあったベルトを選ぶとよいでしょう。

女性でも

結論から申し上げると、必ずしも必要ではないことです。しかし、場合によってはつけておくと見栄えが良くなるということを念頭においてください。でも、着用を想定しない衣装を着る場合は無理してつけることはないです。

理想的サイズ

女性の場合は太さ問わず良い印象しか与えないため、身に着けている衣類にあっているかなど気を付ける程度の太さが無難でしょう。男性と比較するならば細身のベルトが女性らしさを感じることができますので、この場合は2センチ程度の太さを基準にしておきましょう。

デザインについてもよく目につくという印象ですので、この場合は男性同様、無地かつシンプルなものを選びましょう。バックルは控えめな銀色でベルトは黒系統が一般的なものであるとお考えいただければ幸いです。

バックルが小さいものならば、ベルトも細いものが理想的であることから選ぶときには要注意です。バランスを崩したセレクトだと、色やデザインが良くても形が崩れるという危険性が高くなり、かえって印象を悪くするだけで逆効果です。

まとめ

ベルトはワイシャツなど衣服のずれを固定する道具ですので、そこに色やデザイン、太さなどもしっかり意識することにより、ビジネスライクという現場では好印象な人であることをアピールできると思います。

これから就活に挑む学生の皆さんへ、当方でも新たな人材を求めております。興味のある方は、株式会社エントリーまでご連絡お待ちしております。