男性でも大切な身だしなみに必要な道具

身だしなみ

男性は身だしなみについての意識が女性と比較すると、低い傾向があるとされています。女性は出勤時の身だしなみ並みのマナーとして、髪型、化粧、服装と綺麗に整えて外出しますが、男性はそれと異なりあまり意識せずに出勤している人も多いのではないのではないでしょうか?
今回は、男性も見た目からもっと素敵になれる道具を紹介します。

男性も肌を意識してみよう

身だしなみを整えようとするときに男性の場合、髭、体臭、口臭服装を整えることを第一に考え、「肌」に意識を向けることが少ないのではないでしょうか?

男性の「6割」は肌の質、シワ、シミについてあまり意識したことがないと答えています。
そして理由は、「男性には関係ない」「恥ずかしい」「面倒くさい」などの意識です。
しかし、肌がきれいになると清潔感が生まれ、人からの印象もいい方へ変わります。

洗顔後も気を付けよう!

洗顔料で顔を洗った後にタオルで拭いて、そのまま顔を放置してはいけませんか?顔に何も塗らずにいると顔から水分がどんどん奪われ、砂漠化が始まってしまいます。乾燥は最終的に顔のダメージとして、シミ・シワ・ニキビになってしまいます。

〇化粧水
肌に水分を与えることができます。キメを整え保湿し、滑らかにします。

〇保湿クリーム
化粧水で肌に水分を与えた後は保湿クリームで肌の水分にフタをかけましょう。脂性の人はさっぱりタイプ、乾燥しやすい人はこってりタイプと顔の状態でクリームの質感を変えてみましょう。

男性の持ち運び道具

男性に欠かせないのが髭剃りということで、カミソリが使用されています。毎日顔全体の髭を剃り、相手へ印象を良く見せることは欠かせません。しかし、剃りミスなどで顔に傷などをおってしまったら、身だしなみ的にちょっとした悪い印象へとなってしまいます。

その他にも、男性用に作成されたポーチ状のお手入れ道具を持ち運ぶグルーミングセットというものがあり、ブラシ、手抜き、眉毛用ハサミ、鼻毛用ハサミ、ピンセット、耳かき、爪切り、爪やすりなどが収納されています。

そして、髪型への身だしなみとしてドライヤーで髪を乾かし、ワックス、ジェル、スプレーなどを使用して、サラサラヘアや髪を固め整えることなどでヘアスタイルを整えます。

また、男性は女性より体臭、口臭が周囲への影響を与えてしまうため、それらを抑えるため、制汗剤や香水を付けること、食後にはしっかり歯を磨くことを忘れないでください。そのため、香水や歯ブラシ、歯磨き粉なども外出時も持ち歩くことです。

まとめ

お決まりの身だしなみとして服装は清潔感を大事に相手へ好印象を与えることです。髪型から、表情を表す顔、そして服装まで身だしなみに気を配りましょう。そのために考えられている男性用道具も多くありますので、使用してみてはいかがでしょうか。

これから就活に挑む学生の皆さんへ、当方でも新たな人材を求めております。興味のある方は、株式会社エントリーまでご連絡お待ちしております。