身だしなみの重要性を意識する場所

身だしなみ

持ち物を大事にしていたり身なりが整っていると、人として信頼できるのではないかと感じさせます。仕事の仲間や友達、恋人として相手を見たときに、髪の毛や恰好が乱れていると無骨でいい加減な人間に見え、仲良くなるのを躊躇するかもしれません。そのため、いろいろな場面、場所において身だしなみは重要なのです。

外見から想像する

女性は結婚相手に対して、「この人と一緒にいれば幸せになれるかもしれない」「安心できる未来がまっているはず」という視点から、信頼できる異性を探している方もいるようです。そう思わせる最初のコンタクトが外見といえるでしょう。

服装の乱れは心の乱れだと言われています。服装はその個人の心を表すもので、どこの職場においても、上司に同僚やお客様など人の目があります。例えば、銀行員がラフな服装だとしたら、貴方は自分の大事なお金をその人に預けられますか?おそらく、多くの方が躊躇されるのではないでしょうか。

場にあった服装

夏場など暑くなる季節は、薄着になる頻度も増えます。職場やビジネスの場では、あまり肌を露出する服装は望ましくないでしょう。セクハラの問題が起きることもあるかもしれませんし、職場の風紀が乱れてくる可能性もあります。

そのため、身だしなみの基準を設けるために、アンケートをとる職場もあります。多数の意見をまとめて、気を付けるべき基準として明確にすることで、意識することが可能になるのです。

職場全体で会社のイメージに繋がることと考え、きちんと身だしなみを理解し、多くの場所で通用するふさわしい服装を意識して、皆が気持ちよく仕事に集中できる職場環境ができるように、他者を意識し協力することが必要になってきます。

働く場所が介護や看護関係なら、アクセサリーなどで患者さんや介護者を傷つけることがあるので特に気を付けていることと思います。会社や職種によって、厳しさの度合いが違うのです。

見た目とは

第一印象というのは、就職活動をする際には避けられないものです。その人がおかれている状況や立場、性格が出てしまうのも、外見の特徴と言えます。だからこそ、身だしなみを整え相手が得るであろう自分のイメージをコントロールする努力をするのです。

人によっては、どうすれば自分が思うような良い印象を相手に持ってもらえるかについて、意外なほど時間を割いている方もいるはずです。

ビジネスシーンでのポイント

スーツを着こなす場合、ジャケットの袖からシャツの袖口が1~1.5センチほど出るのが理想的な着こなしです。シャツの袖口は汚れやすいため、着る前にチェックは欠かせません。

衣替えを忘れてしまい、冬に夏物のスーツを着るなど季節に合っていない服装は常識のない人と見なさることもあります。季節の変わり目などは着るものに困る時期もありますが、それ以外においては季節にあったTPOを意識した服装を心がけましょう。

忘れがち!靴の汚れや底のすり減り

靴を見ればその人物がわかると言われています。人によっては、足元を特にチェックしています。服装はスーツをビシッと着こなしているのに、靴がボロボロ・・・。こんな残念な人は、細かいところまで気遣いができない人と判断されてしまうかもしれません。

よく手入れされ、ピカピカに磨かれ手入れされた靴は良い印象を与えます。一日履いた靴は汚れを落とし、靴用クリームで磨き拭き取って匂いを取り保管しておきましよう。靴は数足持っていればローテーションすることで、型崩れを防ぐことができます。

まとめ

身だしなみが整っていない人に感じる印象は「細かいところに気が回らない」「だらしなく見える」「説得力もなく、信頼できない」など、あまりいいイメージではないのです。
このように思われないためにも、身だしなみの重要性を意識して気を配っておきましょう。

これから就活に挑む学生の皆さんへ、当方でも新たな人材を求めております。興味のある方は、株式会社エントリーまでご連絡お待ちしております。