男女共通 身だしなみグッズあれこれ

身だしなみ

老若男女問わず、身だしなみというのは大事なものです。特に公の場に出ると周囲の目を気にするときだってあるでしょう。様々な場面において、きちんとしておくことは好感度を維持するために役立ちます。
今回は、男女共通という意味での身だしなみのグッズについてお話します。

まずはにおい

昼食の後の仕事となると、夕方までの間は忙しくなりがちなものです。食事によっては、口臭に影響が出る恐れがあるニンニク料理などを食べることもありますね。しかし、そのあとの仕事の内容によっては大事な方々とお会いすることだってあるでしょうし、その人たちの前でにおいが災いするならば、商談に影響しかねないことでしょう。       

あっ、口のにおい・・・気になる前に

口のにおいが気になるならば、オーラルケアグッズが一番の主流といえるでしょう。典型的な例を挙げるとしたら、口臭をケアするスプレーや歯を白くする歯磨き粉が挙げられますが、意外にも舌専用のブラシも口臭対策に役立っています。このブラシに関しては、1ヶ月に1回の交換を推奨していますので、約20日間で交換するようにしましょう。

グッズ以外にも、口臭で悩むという意味でも歯医者さんに相談してみるのも一つの手ですし、場合によっては歯磨き指導などもしてくれますので活用しない手はないでしょう。

意外なポイントですが・・・

口の中は気にするのは当然ですが、耳の裏のにおいは意外と気に留めない方もいらっしゃることでしょう。そこからにおいだって発生することがあるんですね。そのにおいに気づいた場合でも、見落としがちのポイントの一つとなっているからです。今ならスポットバーム(耳裏専用のにおい消しです)が発売されていますので、気になる方は押さえておきたいものです。

後は、日ごろのことですが髪の毛を洗うときにやっておきたいことは、耳の裏も洗っておくとよいでしょう。こういう常日頃の行いが、結果的にはにおいに対する意識を強く持つことだってできるのですから。

衣服にもにおいが

外出先はいろいろなにおいが付着するものです。人ごみの中を歩き続けていると、汗のほか様々なにおいが無意識のうちについてくることもあり、場合によっては食べ物やたばこのにおいだって洋服についてしまいます。対策としては、においに強いミスト状のスプレーを用意しておきたいものです。最近では携帯しやすい大きさの商品も販売しているため便利です。

爪のエチケット

プライベートでは長く伸ばしていても、仕事の場では禁止されているところもおありでしょう。ファッションだからといって伸ばしてばかりだと、思わぬ事故の原因にだってなりかねません。

持っておきたいアイテムの一つとしては、爪切りは定番ですね。伸ばした爪のほか、ささくれにも対応できる優れものですので、持参しておきたいものです。

なお、余談ですが爪を切るときは小さいサイズのごみ箱を自分のデスクの下においておくとよいでしょう。爪が原因でオフィスが汚れないようにしたいものです。きれいなオフィスを維持するならば、自分の机の下のごみ箱を用意しましょう。切った爪をあちこちに飛散しないよう、最低限の配慮はしておきたいものです。

まとめ

以上、身だしなみグッズについて紹介しました。どの現場でもそうですが、においが一番の大敵のようです。常日頃のお手入れが相手に対して好感度を持つことができ、自分自身に「常にみられている」意識を植え付けることだってできるでしょう。

これから就活に挑む学生の皆さんへ、当方でも新たな人材を求めております。興味のある方は、株式会社エントリーまでご連絡お待ちしております。