ビジネスライフの第一歩 身だしなみ 三原則について

身だしなみ

身だしなみを整えた洋服選びをすることと、おしゃれに楽しく洋服を着こなすことには、どんな違いがあるでしょうか?おしゃれは、好きな服の組み合わせや色合いなど、自分が楽しめることが中心となります。しかし、身だしなみはその逆で、周囲の方への配慮を基本に不快感を与えることや違和感がない服装を心がけることにあります。
そこでこの記事では、身だしなみの目安となる三原則について、お伝えしたいと思います。

身だしなみには3つの原則がある

冒頭でもお話していますが、「身だしなみの三原則」という物があります。考え方は諸説あるようですが、ここでは「清潔感のある服装」「機能的な服装」「周囲との調和を意識した服装」を見ていきたいと思います。

清潔感の感じられる服装とは?

きとんと洗濯して、パリッとアイロンをかけたブラウスやワイシャツ、黒や濃紺、チャコールグレーなどの落ち着いた色合いのスーツをきちんと着こなす人は、見ていても気持ちいいですし、対していると背筋がピシっとなります。

ビジネスにおいて、こういったきちんとした服装は個人の印象だけでなく、働いている企業のイメージも大きく左右するのです。

オフィスの機能的な服装

かといって、気慣れない服装を無理に着ることはストレスにつながります。しわになりにくく、伸縮性のある素材や歩きやすくきちんと感のある靴、動き回ってもきちんとまとまる髪型などの配慮も重要です。

周囲との調和を意識した服装とプラスアルファの注意点

クールビズの登場で、オフィススタイルもかなり変化が出てきたように感じます。職場や配属先で好まれる雰囲気を敏感に察知し、その場にあった服装を上手に取り入れていきましょう。さらに、多くの方と関わるオフィスワークにおいては、口臭や汗の臭いなども、周囲の不快感を招くため注意していきましょう。

きちんとした身だしなみは周囲の人との信頼関係にもつながる

前項まで「身だしなみの三原則」について見てきました。この身だしなみに気を配っていることは、実は周囲の人と、良い信頼関係を結ぶことにもつながっています。その手始めとして、身だしなみの三原則を押さえておくことは重要です。

まとめ

今回は「身だしなみの三原則」について、ご紹介しました。
これから社会に出られる方々にとっては、いろいろな面で緊張することもあるかもしれません。その中で、身だしなみの三原則を心に留めておくと、違和感のない服選びや周囲への気の配り方も身についてくるかと思います。オフィスでの良い人間関係を築いていくために、上手に取り入れていくと良いでしょう。

これから就活に挑む学生の皆さんへ、当方でも新たな人材を求めております。興味のある方は、株式会社エントリーまでご連絡お待ちしております。