社会人としての身だしなみとは何をさすのか

身だしなみ

よく社会人の身だしなみと聞きますが、そもそも「身だしなみ」とは具体的に何を意味するのでしょうか。社会に適応するためのきちんとした基準があるのでしょうか。ここでは、身だしなみについて書いていきます。

身だしなみとは何か?

身だしなみとは、相手に対して不快感を与えないような言動や服装のことです。つまり相手への配慮と敬意が必要なのです。社会人としての身だしなみを考えた時に、イメージすることはマナーや服装といったことがすぐに思い浮かびます。

大事なポイントをチェックしながら進めていきましょう。

第一印象

人のイメージは、第一印象で8割~9割が決まると言われています。それは、仕事で初めての人に会った場合などにも当てはまります。初対面であれば、相手がどのような人間か?仕事ができる人なのか?わからないことばかりです。

それにもかかわらず、その時の第一印象でほぼイメージが決まってしまうとなると、見た目
が大事なポイントとなるのは間違いないでしょう。

例えば、よれよれのスーツなどを着ている場合は、あまり良い印象を与えないですし、仕事を一緒にしていく上でもあまり好ましくはないと思います。服だけでなく、髪型や持ち物にいたるまで気を配らなければなりません。

チェックポイント

身だしなみの基準がどのようなものか、分かりやすくチェックポイントを項目別に確認していきましょう。また、社風や業種によって違ってきますので、一般的な基準として参考にされてください。男女別の違いなどもあるため、別々に項目を設けています。

女性の場合

〇髪は清潔にし、手入れがされている
〇髪の色は派手にならず、脱色などしていないか
〇業務の邪魔にならないような髪型(結わく、留めるなど)であるか
〇化粧は健康的で清潔感のあるものか
〇化粧崩れはしていないかも意識する
〇口紅の色はビジネスに相応しいか
〇服は清潔感があるか(シミやしわほつれなどがないか)
〇スカートなどの丈は長すぎず短すぎず、場にあった適度な長さのものか
〇ツメは手入れされているか(マニキュアなどはシンプルなもの)
〇靴の高さや歩き易さ、色にも気を付ける
など

男性の場合

〇髪はきちんとカットされているか、清潔であるか
〇カラーや脱色は不可
〇髭はきちんと剃っているか(剃り残しなども気を付ける)
〇シャツの袖や襟は汚れていないか、アイロンされているか
〇スーツとシャツの組み合わせが合っているか
〇スーツのサイズが体に合っているか
〇ネクタイの汚れやしわはないか、シャツと合っているか
〇パンツはきちんとプレスされているか、膝が出ていないか
〇きちんとスーツの上着のボタンを留めているか
〇靴は磨かれて手入れされているか(すり減っていたり、型崩れしていないか)
〇靴の色もビジネスに相応しい黒かブラウンなど
〇靴下の色は派手なものなどは不可
など

まとめ

他にも沢山のチェックポイントがありますが、基本的なポイントに絞って書いてきました。大事なことは、清潔感とTPOに合わせた服装と振る舞いといえます。上記のチェックポイントを参考にして頂ければ幸いです。

これから就活に挑む学生の皆さんへ、当方でも新たな人材を求めております。興味のある方は、株式会社エントリーまでご連絡お待ちしております。