髪や服装における身だしなみにも気を配ろう!!

身だしなみ

スーツを整えていても髪の毛がボサボサであれば、全ての身なりが悪くみえ、性格もだらしなく思えてしまいます。また、逆もしかりです。見た目の印象で内面もダメだと思われては台無しです。まずは髪や服装をキチンとしましょう。

なぜ、髪や服装の印象を良くするのか!?

髪や服装の身だしなみは、相手の第一印象を左右する大きなポイントです。なぜ第一印象が良くなくてはいけないのかというと、最初の第一印象でその後の印象にも大きな影響を与えるという心理学的な要素からもきています。

第一印象が決まる時間はというと「パッと見て3秒」「話し方30秒」「総合印象で3分の立ち振る舞い」といわれているので、最初が肝心です。

「おしゃれ」と「身だしなみ」を同一のものとする人もいますが、「身だしなみ」は個性をアピールすることや自己満足のためにするものではなく、仕事としての熱意や誠意を示して、好感を持ってもらうためのものと考えていきます。

髪型や服装のポイント

「髪の毛の色」や「髪の毛の長さ」を気にする就活生も多いようです。人事担当者のアンケートでも「髪の毛の色」や「髪の長さ」または「髪の毛の乱れ」といったものを気にすることが多いです。髪型や服装といったポイントを確認しましょう。

男性

〇髪や顔
①短く切って、清潔感を出すことが重要で、前髪は眉毛より上までカットします
②横の髪でこめかみを隠さない
③もみあげは耳までにする
④襟足は襟にかからないようにする
⑤ヒゲを処理する
⑥髪の毛は基本黒色、カラーやパーマはNGです

〇ネクタイやシャツ
①ネクタイの色は明るすぎないもので、地味すぎると印象まで地味になりそう
②ネクタイはスーツと合わせて、色は明るすぎず、バランスの良い組み合わせを選びましょう
③シャツの色は基本白です。シワや汚れがないようにします

〇スーツ
①自分の体に合ったサイズを選ぶ
②肩の方にフケなどがついてないようにする
③色は黒やダークグレー、紺が主流です

〇靴や靴下
①靴はきちんと磨いておきましょう
②靴下は黒や紺、グレーなどが一般的です

女性

〇髪や顔
①顔が見えるようにする
②サイドの髪で耳が隠れないようにする
③イクは濃すぎずにナチュラルメイクをする
④髪の色は染めずに自然な色にする

〇スーツ
①色は黒やダークグレー、紺がよいとされる

〇ストッキングや靴
①ストッキングは肌色が基本で柄物はNGです
②備のストッキングを準備しておく

〇アクセサリーやマニキュア
①アクセサリーは身につけないようにする
②爪は短く切りましょう
③マニキュアを塗るならば透明や薄いピンク色にしましょう

まとめ

身だしなみは周囲に不快な思いをさせないようにしていく、社会人としての最低限のエチケットになりますので、清潔感を心掛けましょう。
身だしなみでは見た目から相手に伝わっていくメッセージといえます。人と会うことや面接などの前に、身だしなみを事前に鏡でしっかりチェックしましょう。

これから就活に挑む学生の皆さんへ、当方でも新たな人材を求めております。興味のある方は、株式会社エントリーまでご連絡お待ちしております。