面接で重要な身だしなみ

身だしなみ

新卒・中途問わず、採用への道の第一歩として「履歴書」と「職務経歴書」を作成してから応募先へ提出し面接となります。第一印象となるその面接では、何に気を付けたらよいのでしょうか。今回は、面接と身だしなみについてご紹介します。

面接の第一印象は、採用という勝利のカギを握る

清潔感あふれる身だしなみは、「この人なら一緒に仕事が出来そうだ」という印象を与えることにつながります。また、言葉遣いや態度共々きちんとしていることをアピールできれば、面接官や周囲に対してさらに印象をよくできます。

その要因となるのは、清潔感と健康的、それに機能的の三つの要素がきちんとそろっていることが条件とされています。

実際の面接で不採用になった理由のひとつとして、服装のだらしなさもあげられるのです。スーツにしわが残っていたり靴に汚れが目立つ等という要因により、その人は普段の生活もルーズなのではと疑われてしまうからです。

ただ着ればよいってものではない

就活をする際、スーツを着用して企業へと訪問されることでしょう。「スーツを着用しておけば何とかなるだろ!」と甘い考えを持つと、適当に着こなしたり管理がおろそかになって、ぼろが出る原因になりかねません。

大事な点を挙げるならば、面接のときに着る予定のスーツに汚れが無いかを、事前に確認することです。もし、汚れていれば当日に着ていくわけにはいきませんので、予備のスーツで状態が良ければそれに変更するほか、クリーニング屋さんへお願いするかのいずれかで対応するとよいでしょう。

また、靴については必要な道具を使いながら磨き、靴底の状態が悪ければリペアキットで修理するか見切りをつけて新しいものを買う、のいずれかで対処しておきましょう。

髪型やその色、男性はひげの剃り残しが無いかをチェックすることも大事です。無精ひげや剃り残しに対して不潔に感じる人もいるようなので、面接へ向かう前に点検しておくとよいでしょう。

女性の場合はストッキングの予備をカバンの中に入れておくことにより、会場へ向かう途中に伝線した場合に対処できるので、外出の際には常備することをおすすめします。

面接官の目は節穴じゃない!

面接会場に入るとき、面接を受ける方の服装をチェックするのが面接官です。入った瞬間からチェックをしているのです。対策としては、前日までに自分で鏡を見て面接官がチェックすることを想定して、どこに問題があるのかを点検して気になる所があれば直しておくべきポイントとして改善しておきましょう。

まとめ

身だしなみと面接の関係についてご紹介しました。面接官から見て、この人となら仕事ができると判断されるような印象を与えることができるのなら、それは身だしなみに気を付けることができ、かつあなたの魅力が伝わったといえるでしょう。面接を行う前、今一度身だしなみを点検してみることをお勧めしておきたいものです。

これから就活に挑む学生の皆さんへ、当方でも新たな人材を求めております。興味のある方は、株式会社エントリーまでご連絡お待ちしております。