会社に相応しい身だしなみ!

身だしなみ

卒業して企業や会社に就職すれば、給料という報酬を受け取り仕事としての自覚と意識を身に付けていかなければなりません。その前にもっと大切なことは、会社に合う身だしなみでなければ会社での評価や信用は得られません。会社に相応しい身だしなみについて調べていきましょう。

会社の身だしなみとおしゃれの違い

服装の事でとやかく言われる筋合いはないとブランド物のスーツに高級革靴、厚く濃い化粧や高いハイヒールなど、自分では気にならなくても、会社では相応しくない身だしなみになります。

〇おしゃれは
・プライベートを過ごす時間に着るもの
・自分の好みを楽しむもの

〇会社の身だしなみは、
・勤務時間内外に着るものを分ける
・接客に安心や信頼を与えるもの

会社内では信頼や好感が持たれる相手に安心感を与えるものと勤務時間で区別しなければいけません。

会社での身だしなみの基本とは

・清潔感があること
・機能的であること
・会社に調和していること
・控え目で分相応であること
・不快感を与えないこと
会社に相応しい身だしなみは、清潔感、機能的、調和の三原則と控えめで不快感を与えないことが基本です。

身だしなみは不快感を与えない清潔感があること

会社に相応の身だしなみとは、清潔感があり、不快感や違和感を与えないことが大切です。些細な事でも相手に違和感を与え不快にします。会社には男女幅広い年齢層の人達がいますので、同世代の価値観は共感しても、親世代の人からみれば、服装や格好で違和感や不快に思われることもあり、不快感は、不潔感と違和感に別れます。

〇不潔感
服のシミ、シワ、汚れ、爪、無精ひげ、フケ、鼻毛、目ヤニなど

〇違和感
世代の価値観が合っていない、接客に合っていない香水など

会社では健康管理も身だしなみ

体調管理は会社での身だしなみに関連します。
相手が信頼して、大事な仕事を任せられるように健康面で安心感を与えなければいけません。
・口臭や体臭
・顔のむくみ
・目の充血や腫れ
・二日酔い
周囲に健康なイメージを与えることが大事です。

身だしなみは出世と関連する!

会社では努力や空気を読むことでもあり、身だしなみは社員からすると、会社の一存で決断されている部分が多々あります。

例えば、
・テストの点数に関係なく清潔感のある人を採用する
・美人で身なりの良い人に担当を任せる
・プロジェクト企画にスタイルが良い健康的な人を任命する

会社で出世するには大きな仕事を任せてもらえる、日々の努力や結果などで判断するものですが、身なりや身だしなみで人を評価することも事実です。見た目の好印象を与える努力は仕事においても重要と言えます。

まとめ

会社での第一印象に身だしなみを整えておくこと必要があり、清潔な印象を与える服装をする、清潔感のある髪型・化粧にする、バッグや小物はシンプルで控えめなものを持つということです。清潔感のある印象を与えるような身体に合った清潔なスーツを着ること、装飾や色は自分がどんな服を着たいかよりも会社の一員としてどうあるべきかを優先に考え、仕事面でも信頼を得られるように身だしなみを整えておくことが、社会人としても大切です。

これから就活に挑む学生の皆さんへ、当方でも新たな人材を求めております。興味のある方は、株式会社エントリーまでご連絡お待ちしております。