身だしなみから考える就活マナーのポイント

身だしなみ

普段から身だしなみに気をつけている方は、「第一印象」が自分の評価に大きく関わることを良く理解しています。みだしなみで最も重要とされるのは「清潔感」です。就職活動だけでなく仕事をする上で必要な身だしなみは、汚れやシワのないシャツや適切な長さで整った髪だと好感が持たれやすいです。今回は身だしなみを整える上で大切なチェックポイントを解説していきます。

みだしなみチェック項目

良好な第一印象を与える身だしなみのチェック項目を一つずつチェックしていきましょう。

スーツ

色は落ち着いた黒系で肩幅は1cmつまめる程度・ボタンが無理なく止まるウエスト・着丈はヒップがちょうど隠れるくらい・袖丈(肩先から袖先までの長さ)は腕をおろしたときシャツが1cm出る程度といったポイントを踏まえ自分のサイズにフィットしたスーツを選びましょう。

ボタンは全て止めず、2ボタンスーツなら上のみ段返り3ボタンスーツは真ん中のみを止めるのが基本です。

シャツ

色は白、スーツと同様に自分の体にフィットしたものを選びます。首周りはボタンをすべて閉じて指が一本入るくらいのサイズを選びましょう。

髪の毛

前髪は眉が見えるようにし、できるだけ短めのスタイルにすると清潔感があります。女性の場合は後ろで止めることで入退室時のお辞儀で顔が隠れることを防ぐことが出来ます。家を出る前は必ず寝癖のチェックをしましょう。

足元

靴は修理が必要な箇所は早めに補修し、きれいに磨いておきましょう。革靴は生き物ですので、日々のメンテナンスが重要です。定期的に行い面接当日に慌てないようにしましょう。席についたときに見える靴下が派手過ぎたりアキレスだと悪印象を抱かれる可能性もあります。黒か白系といった落ち着いた色が誠実な印象を与えます。

機能的な服装を心がける

軽作業には作業着・調理にはエプロンというように、服装は場にあった身だしなみが大切です。スーツやシャツは季節にあったもの、バッグやケースは大きすぎずA4サイズほどで、時計はできるだけシンプルなものを選んでおきましょう。

まとめ

第一印象は一瞬で決まる上、その後の人間関係を大きく左右する大事な要素です。汚らしい服装で面接してしまうと、普段の生活態度や仕事に関しても悪いイメージを持たれてしまうでしょう。清潔感をアピールすることで、誠実さだけでなく若々しい明るさや、心身ともに健康的であるという印象にも繋がります。パリッとした服装は気持ちが引き締まり、就活だけでなく人生における大切な場面での自信にも繋がります。是非、身だしなみチェックの習慣をつけ、充実した社会人生活を送りましょう。

これから就活に挑むかたは、当方でも新たな人材を求めております。興味のある方は、株式会社エントリーまでご連絡お待ちしております。