社会人の第一印象は身だしなみとスーツで!

身だしなみ

新社会人として初めての会社勤めは、服装や身だしなみにはどんな部分に気を付けたら良いのかなど悩みます。今回は、社会人の身だしなみとスーツや服装について紹介します。

身だしなみに必要なことや大切な要点

入社すると会社組織の一社員として、社内の人や顧客、他会社の人と接することが多くなります。人は第一印象が大切と言われるほど、初対面の印象が重要で、会社の顔として見られることが多くなり、身だしなみが良くないと、相手に良い印象を与える事が出来ません。

いくら仕事が出来ても、ヨレヨレのスーツや、奇抜な服装、ボサボサのヘアスタイルをしていると、仕事面でも先輩や上司に信頼を得ることは難しくなりますので、なおさら身だしなみには気を付けたいものです。

清潔な印象を与える服装であること

身だしなみは、自分が好きな服装やおしゃれな服装を自由にするのではなく、会社組織の一員として、恥ずかしくない服装と清潔感が最も注目されます。

○清潔な印象を与えるスーツや服装
清潔な印象を与えるスーツとは、手入れが行き届いたスーツのことを指します。スーツはサイズが身体に合っているものを選びましょう。できれば数着準備して、ローテーションで着用することでスーツを長持ちさせることができます。

○オフィスカジュアルが認められている職場
職場によっては、オフィスカジュアルが認めているところもありますが、全面的に服装が自由という訳ではなく、接待や接客にふさわしい、服装が望ましいでしょう。

○革靴のお手入れ方法
靴は、手入れすることで長持ちさせることができます。
・磨いて汚れを落とす。
・きれいな布でふく。
・汚れを落し、靴用のクリームを塗る。
・撥水スプレーを吹きかけて汚れを防ぐ。

スーツや服装の選び方

○スーツ
色はネイビーかダークグレーの無地が基本です。

○上着、ボトム(ズボン、パンツ、スラックス)
上着の袖丈、ズボンやスラックスの裾を確認し、だぶつかないようにします。

○ネクタイ
ネクタイは、派手な色や柄を避けて、無地や小紋、ストライプなどスーツの色に合わせて選びましょう。

○シャツ、ワイシャツ
白無地やベースが白で、アイロンがかかった襟や袖口が汚れてない、よれたりしていないワイシャツを着ます。

○ベルト
目立つ金具や装飾が付いているのは避けて、スーツに合うものをえらびましょう。

○靴
レザーの紐靴タイプのビジネスシューズがベストです。

○ソックスや靴下
色は、黒や濃紺の無地を選びましょう。

○腕時計
時計は派手な装飾やブランドは避けましょう。

○鞄、かばん、バッグ
黒、濃紺、ブラウンでA4サイズが入る大きさが基本です。

○アクセサリー
結婚指輪以外のアクセサリーは外した方が良いです。

まとめ

身だしなみは第一印象を左右する大事な要点です。清潔な印象を与えるには、身体に合ったサイズのスーツや服装にすることが必要です。

これから就活に挑む学生の皆さんへ、当方は新たな人材を求めております。興味のある方は、株式会社エントリーまでご連絡下さい。