印象の良い新卒新入社員の服装とは?

身だしなみ

これから社会に出る新卒新入社員にとっては、上司や先輩方には印象良く迎え入れてもらいたい気持ちでいっぱいでしょう。そのためには、相手を意識した服装を揃えてその日を迎えたいものです。では、印象の良い新卒新入社員の服装とはどのようなものなのかをご説明しましょう。

新卒新入社員として好ましい服装

個性的な服装でも問題視されたことのない学生時代では、いかに自分らしさをアピールできるかという、おしゃれを楽しむことができましたが、社会人になってからは、いかに相手に印象良く見られるかを意識した服装を選択することになります。

特に、上司となる年代の方からは、フレッシュな新入社員への服装の要望は個性よりも「身だしなみ」としての要素が大きく、「清潔感がある」「相手に不快感を与えない」「きちんと整っている」という意見が多いのです。

服装選びは、接する相手、特に社外の人を十分に意識して、その場を乱さない服装を心がけることが、自分個人でなく会社としての好ましい印象を与えるということを理解しましょう。また、その印象は仕事の成果において重要になるということも合わせて考慮すべきでしょう。

避けるべき服装とは

避けるべき服装は、男性と女性で同じように、「金髪」「ピアス」「デニムジーンズ」と、やはり職場には不向きな格好をするのは印象が良くありません。また、営業職になると、「明るい茶髪」「リュック」「高級ブランドのバッグ」「スニーカー」と、見た目だけでなくアイテムへの配慮も必要となります。

その他にも、タイトなものはスタイルを良く見せるかもしれませんが、公の場での格好としては好ましくありません。また、緩すぎるものは不格好に見えるので避けるべきです。シャツにおいても、基本的には襟が付いていないものは避けましょう。

基本となる服装

新入社員の服装には、先輩社員とは異なる条件があります。オフィスファッションとしては問題ないコーディネートであっても、新入社員のうちは保守的にコーディネートしましょう。

【男性】スーツ・Yシャツ・革靴
【女性】スーツ(スカートまたはパンツスーツ)・ブラウス・ストッキング・パンプス

スーツの色はダークカラー(濃紺やグレー)、Yシャツやブラウスは白がおすすめです。男性の靴下はスーツの色に合わせたダークカラーを、女性のストッキングは肌色です。

ビジネスカジュアルでと言われたら、
【男性】ジャケットにボタンダウンのシャツ(ノーネクタイでもOK)、シンプルなパンツ、革靴
【女性】ジャケットにカットソーやブラウスにスカートかパンツにパンプス

爽やかさを演出するには

上司や先輩社員が新卒新入社員に求める印象は、フレッシュなイメージです。その印象を損なわないためにも、以下のポイントに注意しましょう。

〇上司や顧客よりもレベルの高いブランド物は着用しない。
〇ジャケットはダブルを避けてシングルにする。
〇スーツの生地は、ストライプなど柄物は避ける。
〇色やデザインはオーソドックスなものを選ぶ。

まとめ

新卒新入社員の服装マナーは、会社によってスーツやオフィスカジュアルなどがあることから様々です。しかし、どのような場合でも若々しいフレッシュさと、当たり前の身だしなみをしっかりと整えることで、好印象となるはずです。一人の社会人として頑張ろうという気持ちをもつことで、自然と身だしなみも整うようになるので、気持ちを引き締めて頑張っていきましょう。

これから就活に挑む学生の皆さんへ、当方でも新たな人材を求めております。興味のある方は、株式会社エントリーまでご連絡お待ちしております。