ビジネスの現場における身だしなみのこと

身だしなみ

ビジネスの現場において重要とされるのが「身だしなみ」ですね。きちんとした格好なら相手に不快感を与えることなく、清潔なイメージを与えることができます。今回は、ビジネスと身だしなみの関係についてお話ししましょう。

中身こそ大切?

人間は内面が重要であるという話がありますが、ビジネスにおいて外見も相手にあたえる印象は大事です。仕事をする気があっても外見がいい加減だと、社会人としての自覚がないと思われかねません。

外見がしっかりしているということは、自分の中身を語るツールでもあるというわけです。そのため、きちんと身だしなみを整える必要があります。

時代が変化しても!

人それぞれの価値観というものは、時代によって変化していきます。今では多様化され尊重される傾向もありますが、身だしなみにおけるルールに関しては変わっていないことが多くあります。

全てのシーンにおいて、周囲の人たちに対して不快感を与えないようにしつつ、清潔感漂う身なりをしっかりとしていればクリアであるといえるでしょう。客観的に見て、清潔感あふれる服装なのかということを基準に、取り入れたいファッションも各々で調整しながら工夫して、社風に合った範囲で楽しむとよいでしょう。

ここは気を付けよう!

男女共通になりますが、やってはいけない身だしなみをピックアップしました。

①ヘアスタイル
寝ぐせがつくなど髪の毛が痛んでいること、またフケなど頭皮の状態が良くない場合には改善できるようにしましょう。

②髪の色
明るい茶髪や金色はプライベートなら問題ないのですが、職種によってはダメなことがあります。

③洋服や靴
サイズがあっていない衣類や汚れているものは、だらしなく感じます。露出度が多いものや靴のかかとを踏んだりするのもNGです。

④その他
アクセサリーや時計ですが、大きすぎるなど仕事の妨げになるようなものは避けた方がいいでしょう。

男性と女性それぞれで気を付けなければならない点などありますが、共通していえることは本当にビジネスにふさわしい身だしなみであるかどうかの確認が大事だと言えるでしょう。

まとめ

ビジネスの現場における身だしなみについて話しましたが、やはりきちんとした身なりは好感度アップや仕事ができると信頼されるという基準になり、今後この人に仕事を託することができると判断の可否をジャッジする項目であるというわけです。

これから就活に挑む学生の皆さんへ、当方でも新たな人材を求めております。興味のある方は、株式会社エントリーまでご連絡お待ちしております。