身だしなみと写真の意外な関係

身だしなみ

就職活動をするとき、企業の面接担当者に提出するのが履歴書です。その時に必要なのが証明写真です。実際に撮影する場合、服装面はどこに気を付ければいいのでしょうか。今回は、身だしなみと証明写真の関係についてお話ししましょう。

身だしなみと第一印象

就活をする方にとって、一番大事な要素が身だしなみです。実際に会社を訪れるだけでなく、面接における第一印象をよくするため、さわやかさを感じながらも清潔感ある服装が重要で、好感度アップにもつながるわけです。

普段着と比べ、学生さんは着慣れませんが社会人になると日常生活の一部になるのですから、まずは練習を兼ねてスーツを着用する日を少しずつ設けましょう。

しかし、スーツを着るとしてもアイロンはやらなくてもいいのではないかと疑問が出てきますが、買ってすぐの場合は問題ないのですが、一回でも着用した後が問題になるわけで、汚れやしわが目立ってきます。

このままだと印象を悪くするだけでなく不潔なイメージしか感じませんので、常に洗濯し、そしてアイロンでしわを伸ばす習慣を身につけましょう。

男女別に気を付けるべき点~撮影の前に~

スーツも準備でき、いざ証明写真といきたいのですが、その前に確認すべき項目が残っているはずです。それを怠ると撮影の際、恥をかく結果になるため、面接に行く前の自分をイメージしながらこれでよいのかを点検してみましょう。

なお、最近はクールビズと呼ばれるファッションが主流になりつつありますが、ラフな格好と同じだろうと考えず、全く関係ないものだと認識しておきましょう。

男性はスラックスとジャケット(女性はブラウスにスカート)のほか、シャツ(共通)については、シミやしわに気を付けるとともにアイロンがけをして、常にきれいな状態を維持しましょう。

靴についても常に磨き少しでも履き慣れた状態が最適です。ヘアスタイルは男女異なりますが、基本的には毎日髪の毛を洗い長さにも気を付けたいものです。男性はひげを剃っておき、女性は髪の毛が長い方は結び、さらにはナチュラルなメイクに髪の色は派手目なものを避けるのが注意すべき部分です。

証明写真の話

皆さんが実際に記入するであろう履歴書やエントリーシートには、写真を貼る項目が用意されています。その理由は、書類選考における企業側の担当者が提出する人の第一印象の把握と、直接面接を行う際の資料になるわけです。

写真を貼り付けるといって、曲がった部分や写真サイズの相違、身だしなみがきちんとしていない等のマイナス要素だけしか感じない部分での提出は、その人の印象を悪くするだけで逆効果です。

写真は写真館で撮影するのが望ましいのですが、最近ではコンビニなどでスピード写真と呼ばれるインスタントタイプの撮影機が登場していますが、前者と後者の違いについては後述します。

撮影する場所を選ぶなら・・・

ここでは撮影する場所について、説明しておきましょう。

①スタジオ撮影
町の写真館で撮影をお願いします。カメラマンの方に証明写真の撮影を目的とした旨を申し出ると、撮影スタジオへ案内され、表情や身だしなみのアドバイスを受けながら撮影ができます。

撮る人は実際にポートレートや風景撮影などを経験された方が担当していますので、撮られる側として表情は笑い過ぎず固くなり過ぎず、リラックスした表情をしながらも、背筋は伸ばして自然体で撮影を提案してきます。

撮影後はデータを引き取り、必要な時にコンビニにあるコピー機などでその都度印刷できるほか、ウェブにおけるエントリーシートの提出資料として添付できるわけです。

②スピード写真
コンビニやスーパーなどで見かける機会が多く、時間がなくても手軽に撮影できるのが特徴で、修正や美肌効果を加味した種類を搭載した機種も存在するため、印象アップの主担として活用できるのが特徴です。

①と違いデータの請求ができないため、手持ちの在庫が切れたらその都度撮影する必要があるほか、やり直しがきかないため失敗は許されないのがデメリットです。

まとめ

エントリーシートや履歴書に提出する際に必要な写真を撮影する際、身だしなみとの関係について話しましたが、基本的には面接や説明会にいくときとほとんど変わらないわけです。撮影をする場合も本番と同じ緊張する一瞬ですが、先方様に好印象を与える一枚を撮られる気持ちで臨みたいものです。

これから就活に挑む学生の皆さんへ、当方でも新たな人材を求めております。興味のある方は、株式会社エントリーまでご連絡お待ちしております。