新卒者が失敗しないワイシャツ選び

身だしなみ

春に大学を卒業した方にとって、就活は大変だったでしょう。念願の会社に就職して新たな気持ちでスタートする意味でワイシャツだけでも買い直して、心機一転の気持ちでスーツと着こなしたいものですね。今回は新卒とワイシャツの話をしましょう。

まずは色!

スーツがブラックやグレーなどといった色を選びますが、ブラック一色は喪服と被るリスクが高く、多少のアクセントを入れる意味でシンプルな柄が入っていれば問題ありません。
オフィスの自由度は会社によって異なりますが、やはり落ち着いた色合いで長期的に見て着用可能かつフレッシュマンでも親しみやすい点を活かしたいものです。

わかりやすく言えば、スーツはベーシックなものが美しいわけで、あらゆる現場においても着こなしの良さが本来あるべき姿です。

ワイシャツのこと

スーツと調和する意味では、白かサックスブルーの色を選ぶのが無難でしょう。フレッシュかつ清潔感を感じるため、新社会人に限らず、動きやすさも加味する必要があるわけです。柄に関しては無地でも大丈夫ですが、スーツの上着を脱いだ後を前提とした場合、ちょっとしたアクセントを入れる意味で織柄かシャドーストライプなどを入れても、何も問題はありません。

ただし、ワイシャツでも濃い色のものや柄がはっきりとしたものが見受けられますが、実際に着るならば、スーツなどのコーディネートでは難易度が高いです。新卒の方からすれば抵抗感だけでなく違和感すらも感じるため、この場合はある程度の社会人経験を積んだ方向けのファッションですので、社会人としてまだまだ若い方はスーツをどのように着こなすのかおしゃれを理解してからにしましょう。

コストとの比率

スーツは高価でありながらも、ワイシャツに関して値段はピンからキリまでの関係かつ様々であるわけです。新卒の方ならば値段が安くてもいいから6枚程度買っておけばそれでいい、と割り切る方や、気に入ったのがあるならば、コストは高くても構わないと考える方もいるため、人それぞれの考え方でよいでしょう。

スーツは1回着たら最低2日間休息させる考えがある反面、インナー部分に近いワイシャツは毎日着替えられるようにしておきましょう。購入に必要な値段に関しては、安くて1000円程度から高くて約5000円未満が平均的な価格となります。

新卒はコスパがいいものを!

ワイシャツ1枚を購入するときに考える点であり、価格だけでなくデザインや実際に着て仕事をしますので耐久性、それに手入れのしやすさやブランドといったそれぞれの基準を満たしていれば、まず問題ないわけです。

①お手入れのしやすさ
毎日着用を前提としますので、仕事を終えたら洗濯がしやすいものが望まれます。

②デザイン
見た感じだけでなく、着用を想定して自分の体格にフィットするのであれば問題ありません。

③耐久性
営業職に関しては、オフィスの中でなく外回りも仕事の現場です。

④ブランド
有名なものであれば、①~③の条件を満たしているのなら尚更です。

⑤コスト
安ければ何枚かをまとめて購入も検討する。

まとめ

スーツと比べ毎日着替え、インナーに近い部分を有するワイシャツですが新卒の方が社会人としてスタートするとき、どの部分において気を付けるべきポイントとは何かを考えながら、コストパフォーマンスまで見極めながら購入しておきたいものです。

これから就活に挑む学生の皆さんへ、当方でも新たな人材を求めております。興味のある方は、株式会社エントリーまでご連絡お待ちしております。