身だしなみと髭の関係

身だしなみ

身だしなみは社会人にとって基本でありビジネスマナーとして大切です。今回のテーマである髭については裁判沙汰になったこともあるほど重要です。サービス業界にとっては、髭に気遣うのは当然で、客に好印象を与える上での重要な要素です。

髭を剃るのは印象を良くするためのマナー

男性は髭に関する身だしなみについて、重要視しているかという点は大切なことで、人前に出て仕事をするサラリーマンが気遣うのは当然とされています。放っておくとすぐに伸びてしまいますのでマメな手入れが必要となり、髭の有無によっても印象が大きく変わります。

髭は、強い男性のイメージやダンディでかっこいい印象を与えますが、ビジネスの場では相手に威圧感を与え、交渉がうまくいかない可能性が出てきますので朝髭を剃り忘れ、直ぐに伸びてしまう方は、昼休みや取引先の方と会う前に剃った方が良いでしょう。

不精髭は相手に不快な印象を与えてしまうこともあるため、髭には気配りが必要です。清潔感に影響を及ぼすこともあるのできれいに剃るようにしておきたいものです。

就活中の人は、少し過敏になるほど、気を配らなければいけません。特に面接へ行く際には必ず髭は剃って身だしなみを整えて、時間に余裕を持つようにしましょう。

ビジネスマンの髭についての印象

社会人の髭に対しては、肯定派と否定派で分かれ、意見の食い違いは業界にもよるようですが、自由度の高い業界で働くサラリーマンには、業務に支障がなく、周囲と調和がとれていれば良いと考えている人や、逆に、営業や接客業で接待の多いビジネスマンが髭を生やしているのは印象が悪く見られる事があるようです。

クリエイターや工芸品を制作する人は個性があって良いという職場もありますが、ビジネスマンは髭をきちんと整えておくことで身だしなみも整えているとして認められます。

髭を生やすのは印象が良くない意見

接客業の人が、髭を生やしているのは良くないという意見は多く、スーツやネクタイを着用して接待するサラリーマンが髭を生やしているのは、誰が見ても印象が悪いという傾向にあります。相手に不快感を与えている時点で、ビジネスマナーとしては失格だという意見があります。

髭を生やすのは良いと言う意見

自分を演出するデザイナーやクリエイターなどの仕事をする方は、髭は顧客から苦情がなければ生やしても良いのでは? という意見があり、業界によって賛否が分かれています。最近では、芸能人など、テレビで活躍している人も髭を伸ばしている方がいらっしゃいますが、その場合は、きれいに整えられているので、無精髭に関しては「良い」という判断からは外れることになります。

まとめ

髭を生やすのは、印象に影響する業界や職業によってはその人の個性を引き出すという意見もあり、職場に相談をすることで可能にはなるでしょう。しかし、まだ髭に対する印象は好ましくないという人が多いことから、身だしなみのひとつとして、髭をそることは基本と言えそうです。

これから就活に挑む学生の皆さんへ、当方では新たな人材を求めています。興味のある方は、株式会社エントリーまでご連絡下さい。