身だしなみで気をつけたい「ビジネスモード」とは?

身だしなみ

 就職活動をしている人を見て、「みんな似たようなリクルートスーツだ」と感じませんか?もちろん、就活している人にとってリクルートスーツは”戦闘服”のようなものだという、一般常識にも似た意識を持っているでしょう。

 ただ、リクルートスーツを着ているから大丈夫!という慢心はいけません。むしろ、スーツのほかに見られているポイントがあるのです。就活者の身だしなみ意識を、スーツ以外のところで測っていることに気をつけましょう。

〇ビジネスを意識した身だしなみポイント

 皆さんが、就職活動にいそしむ目的は「内定獲得」でしょうが、採用面接を行う企業側の目的は「共に働く社員の適性を見極めて採用する」ことにあります。面接ですべてを判断しなければならない企業の担当者は、ビジネスマンとして働く姿が想像しやすい人に好印象を抱くでしょう。

●働くシーンに合わせた身だしなみを

 就活をすることは、人と会うこと。会った人に印象よく、不快な思いをさせない身だしなみをするのは基本中の基本です。ただ、会う人に合わせた身だしなみを意識して、面接や就職説明会に臨んでいますか?
 新卒者向けの合同説明会なら、リクルートスーツにすっきりとした髪型、靴やネクタイ、化粧も一般的にそつなくこなして問題はないでしょう。しかし、個別・企業説明会や面接の場合は、業界や業種、エントリーした企業の社風に合わせた身だしなみを心がけましょう。
 ただ、希望する企業で働く人たちが例えば、自由な服装でオシャレにキメているとしても、これから社会人となる立場はわきまえて、ビジネスシーンで十分に対応できるスーツでまとめるのが原則です。

〇ビジネスシーンにふさわしい髪型

 会った人に対する印象は、パッと見たときの全体バランスで決まります。そして、第一印象はその後、会った人の先入観や思い込みにつながります。どんなに公平な立場で面接を行う人でも、第一印象で好感を持った人に対しては良いイメージを保ちます。
 ぱっと見た印象をよくするために押さえておきたいポイントは、ズバリ髪型です。

●身だしなみと髪型 女性編

 女性は、髪の長さに応じてアレンジしやすいですが、ストレートでガチガチにまとめる必要はありません。パーマも問題ないでしょう。すっきりと身だしなみを整えているという印象が与えられれば十分です。寝ぐせを無理にまとめた髪は、一見してすぐに分かります。おくれ毛やはねた髪は、ピンで何本も抑えるより、ワックスなどで固めたほうがきれいに見えます。

●身だしなみと髪型 男性編

 男性の髪型を見ると、ビジネスモードになりきれていない人が多い印象があります。私服に合う髪型とスーツに合う髪型は違うことを、意識して整髪しましょう。面接が近づいてカットへ行くなら、敢えてスーツで行ってみるのも良いでしょう。

 男性の明るい髪色に対しては、ビジネスシーンで受け入れられているとは言えません。業種や業界を問わず、面接では黒髪が基本です。ただ、カラーリングに強いこだわりがあるなら、ありのままの自分を見てもらうのも良いでしょう。働き始めてもこの髪で頑張る、という意思の表れになります。後悔を恐れず、自信をもって面接に臨み、採用するかどうかの判断を企業に委ねてみるのも一つの方法です。