証明写真で好印象な身だしなみ!

身だしなみ

証明写真一つで大きく印象が変わってきます。
そのため、身なりをしっかりと整えて撮影に望みたいですよね?
今回は、証明写真を撮る時に気になる服装、髪型、メイクについて紹介していきます。

■服装

1:アルバイトやパートでもスーツで写真を撮るべき?
基本的にスーツある必要はありません。
シャツやカットソーなど、一般的な服装なら私服でも大丈夫です。
ただし、応募先が仕事でスーツを着ている場合は、スーツで撮る方が良いです。

2:普段着で撮影して良いの?
襟付きで、白や明るい色のシャツやブラウスを着ると、きちんとしていて清潔感のある印象を与えます。個性が出すぎる、柄の多いものは避けましょう。

3:装飾品はつけてもOK?
控えめなものであればつけても大丈夫です。
大きいものやデザイン性の強いアクセサリーは外しましょう。
また、伊達メガネやサングラスなどのおしゃれ用の眼鏡は禁止です。

4:帽子はかぶっていても良い?
証明写真は帽子を脱いだ状態が基本です。

■髪型

1:髪色は黒がベスト?
「黒髪だけ」と指定されていないのであれば、茶髪でも問題ない場合もあります。
しかし、接客業など業種によっては茶髪が優遇されないところもあるので、自然な髪色が良いです。

2:髪が長い場合はどうするべき?
髪が頬にかかっていると、顔全体が見えないため肩より長い場合はまとめましょう。
サイドの髪は耳にかけて撮影をした方がすっきりとして見えます。

3:前髪が長めの場合は?
髪が目にかかっていると印象が暗く見えてしまうため、眉が見えるようにピンでとめるか、スプレーでサイドに流す、または前髪を上げるなど、工夫しましょう。

4:証明写真と面接で違う髪型になってしまった・・・
印象が大きく違わなければ問題ありません。

■メイク

1:ノーメイクでの撮影はOK?
お仕事をするのですからすっぴんはダメです。
しっかりとした印象を与える意味でも、ナチュラルなメイクを心がけましょう。

2:メイクに慣れていなくて特に気を付ける事は?
ラメ入りや濃い色味は派手に映える可能性もあるため、健康的なイメージを大切にしましょう。

3:アイシャドウは必要 OKなら何色がベスト?
原色のものは、色見がはっきりしてキツメの印象を与えるためできるだけ避けて、ラメやパール感も控えめなものを選びましょう。
肌なじみの良いベージュやブラウン系を使うを自然に仕上がります。

4:つけまつげ・マスカラ・アイライナーはOK?
身だしなみで大切なのは清潔感。
目元のメイクで派手さが際立ってします、つけまつげ・マスカラ・アイライナー等はおしゃれとして楽しむだけにとどめましょう。

■まとめ

いかがでしたでしょうか。証明写真一つで印象が大きく変わるため、第一印象がいかに重要かお分かり頂けましたでしょうか?

採用に繋がる証明写真を味方にし、株式会社エントリの面接までチャレンジお待ちしております!!