社会に出て身だしなみで注意したい3つのこと!

身だしなみ

社会人になると、身だしなみについては誰も注意してくれないですよね? だからこそ、自分で気づけるようにしなければなりません。今回は、身だしなみの注意点のチェックポイントについてご紹介していきます。

■注意点のポイント①清潔感

なんといっても、清潔感が一番大事です。例えば、スーツにしわがよっていたり、髭が剃られていない、メイクが雑な感じだと、だらしない印象を受けます。他にも以下のような身だしなみは相手に不快な印象を受けます。

◆男性の場合◆
男性の場合は、髭や髪の毛がきちんと手入れされているかが重要です。おしゃれとして髭を整えている人もいますが、会社の場合は、相手に不快な思いをさせないように綺麗に剃りましょう。髪型に関しては、ボサボサの寝ぐせのような髪は控え、ワックスなどできちんと手入れをしましょう。そうすることにより、女性や同僚から好感度を持たれたり、ビジネスにおいても取引先の相手からも良い印象を受けることでしょう。

・髭、鼻毛が見えていないか
・髪がボサボサでないか
・襟や袖口が黄ばんでいないか
・かかとが擦り減っていないか
・ビジネスに合った靴下であるか

◆女性の場合◆
女性の場合は、きちんとメイクがされているかが重要です。厚化粧になっていたり、遊びに出かけるような目元を縁取ったメイク、ノーメイクはだめです。相手に不快なおもいをさせないようなナチュラルなメイクを心がけましょう。

・メイクが厚化粧になっていないか
・前髪が目にかかっていないか
・香水はつけすぎていないか
・スカートは短すぎず、長すぎず
・爪はきれいに手入れされているか
・ストッキングが伝線していないか
・ヒールのかかとが擦り減っていないか

■注意点のポイント②調和

会社の雰囲気に合った身だしなみをしましょう。会社の輪を乱した自分本位のファッションを追及してしまうと、会社に不信感を抱かれるだけでなく、上司にも迷惑が掛かる可能性もあります。最初は会社の雰囲気はわからないので、入社したら先輩たちから話を聞くのも良いでしょう。

■注意点のポイント③服装の機能性

会社の雰囲気に合った身だしなみを心がけることは当然ですが、仕事をする上で服装自体の機能性も大切です。機能性がないスーツを着ると、身体に負担がかかりストレスが溜まってしまいます。型崩れしにくい素材を選んだり軽量スーツを選ぶことで、ストレスなく動くことができ、仕事に集中して取り組むことができます。

■まとめ

いかがでしたでしょうか? おしゃれと身だしなみは違います。おしゃれは自分で楽しむもの、身だしなみは相手を不快に思わせないものです。出かける前に今一度、鏡の前でチェックしてから出かけましょう。

株式会社エントリーはあなたの応募をお待ちしています!!