身だしなみとビジネスの意外な関係

身だしなみ

老若男女問わず、ビジネスの現場では身だしなみが非常に重要となっていきます。職場によっては必ずしもそうでないところがありますが、基本的にはビジネスマナーというのが存在します。身だしなみはビジネスのシーンで有効で、気を付けるべき点はどこでしょうか?

■ビジネスの現場における注意点

現場において、身だしなみは一番重要なファクターです。何気なく出勤していると身だしなみがきちんとしている人がいればそうでない人だって見受けられます。後者の場合は特に、見苦しいとしか言わざるを得ません。

①髪型(男女共通)
男性の場合は、寝癖などきちんと整えないまま出勤する傾向があったりしますが、普通に考えてもNGです。女性の場合も必要以上に髪の色を明るくしたりすることが、ビジネスの現場においてどういった印象を相手に与えるか、十分配慮する必要があります。

②髭(男性)
ビジネスの現場において、髭が生えるとその人の印象すら悪くしてしまう事があります。やはり、面倒くさくても髭はきちんとそることが基本です。

③衣服の手入れやスーツの着こなし(男性)
服装はいつもの仕事において、非常に大事です。きちんと手入れをしないと相手に不快感を与えるだけでなく、「この人、ちゃんと衣装の管理をしているのか?」としか思われません。シャツをズボンから出したままだと、ビジネスマンの自覚すらしてないのかと疑問ものです。

④匂い(男女共通)
たばこや香水のきついにおいだけでも、相手にとっては不快にしか感じません。市販のにおい消しで対応するほか、香水についてはにおいのきつくないものを選ぶようにするか、使うのを見合わせるかのいずれかにしましょう。

⓹メイク各種(女性)
女性の方にとっては、メイクは確かに重要なのかもしれません。自分がきれいに見せたいという気持ちは、わからないまでもないですがメイクの加減一つ誤れば相手は不快にしか感じません。ビジネスの現場では相手を不快にさせないよう加減しましょう。

■ビジネスの世界で有効な身だしなみ

では、ビジネスの世界において身だしなみはどんなシーンで有効なのかを見てみましょう。

①営業での身だしなみ
基本は外回りですので髪型は清潔感があり、服装はグレーや黒などで機能性を重視したものが理想で、先方様にとって好印象を与えてくれるでしょう。

②事務職
内部での仕事がメインですので、営業同様黒やグレーなど控えめ系の色が適しています。カジュアル系といっても、オフィスカジュアル系を選ぶといいでしょう。

③宣伝部や広報、人事
多くの顧客などと接し、対外的業務の印象が強い部署です。動きやすい服装が理想ですが、色合いは黒やグレー系が相手に対して好印象を与えることでしょう。

④秘書
上司のパートナー的役割をはたしていていますので、派手な色ではなく事務職や宣伝部など同様控えめ系色合いがちょうどいいでしょう。しかし、営業同様外を動き回る機会がありますので、服装は機能性を重視したものが理想です。

⓹全般的に見て
全般的に見ても、清潔感ある髪型が最も理想な髪型ですね。相手にとっても不快感を与えず髭をきちんと処理したり、メイクが控えめなのが好印象を与えます。また、色は黒・グレー系がちょうど適した色合いで、ビジネスの現場において最適な色合いです。

以上のように、身だしなみとビジネスの関係は重要であり、顧客の方々などと接する機会がありますので、相手に不快感を与えず好印象を与えることが重要な役割を果たしてくれます。

株式会社エントリーは、人を求める企業と人材の橋渡し役として活躍の場を求める、あなたのチャレンジをお待ちしています。