身だしなみは爪から始まる

身だしなみ

就職活動では、髪や服装など身だしなみに気を付けなければなりませんが、面接者の爪についても採用担当者は特に気を使って注視しています。男性も女性も爪がきれいな人が魅力的ですよね。これから爪の身だしなみについて見ていきましょう。

■爪の長さはどれくらいが適当?

女性と男性で爪の適当な長さは決められています。男性と女性に分けて爪の長さを見ていきましょう。

◎男性
短く整え、爪の先の白い部分が見えるか見えないかくらいまで切り、きれいにヤスリで形を整えましょう。爪の中にごみが詰まっている場合は爪楊枝などを使い、きれいに取り除きましょう。

◎女性
ネイルをしない方は男性と同じように短く形を整え、ネイルをする方はあまり長く長すぎないように整えて、ネイルは派手な色は避けましょう。つけ爪やジェルネイルなどもNGです。薄いピンク系やクリアなどのマニキュアが適当です。男性と同じく爪の中にごみが詰まっている場合は爪楊枝などを使い、きれいに取り除きましょう。

■爪にも保湿は必要!?

爪も肌と同じように乾燥します。ですから常に保湿クリームなどで爪にも潤いを与えてあげましょう。

■ネイルケアの手順とアイテム

男性も、女性も爪が伸びていたり、爪の間にごみが入っていたりすると不衛生に感じ良い気持ちはしませんよね?これからネイルケアの手順とアイテムについてご紹介していきます。

◎ネイルファイルで整える
爪の長さを整えるのは、爪切りではなくネイルファイルを使います。洋服などに引っ掛けることなく、皮膚を傷つけることなくきれいな優しい爪を作ることができます。

◎甘皮プッシャーで甘皮を処理する
自分の爪を見てみると、爪の根元に薄い皮が見えると思います。この根元の薄い甘皮をプッシャーで取り除くことで爪は清潔感を感じることができます。

◎バッファーで爪の表面を整える
甘皮の処理が終わると、次はバッファーで爪の表面を整えていきます。バッファーで磨くと驚くほどに爪の表面がきれいになるためお試しものです。

◎オイルで爪の保湿をする
爪を甘皮プッシャーやバッファーで処理をすると、爪が乾燥しやすくなります。それを防ぐために、オイルをつけ爪の保湿をしましょう。

■まとめ

爪が長く乾燥していたりすると、見た目もカサカサしていて清潔感がないように見えます。清潔感を保つために、月一回は爪の手入れを心がけましょう。

株式会社エントリーは自身の身だしなみに気を配り、清潔感溢れるあなたのチャレンジをお持ちしてます。