会社の第一印象もあなた身だしなみにかかっている!!

身だしなみ

人は15秒で第一印象が決まると言われています。その決められた第一印象は、なかなか変わることはありません。「First impressions are the most lasting」という英語のことわざがあります。第一印象はいつまでも続くという意味を表していて、第一印象はその人の印象を大きく変えます。ビジネスの世界では見た目から第一印象が決まってくるのです。

■身だしなみは会社の代表としての自覚の第一歩

身だしなみというと、個人の第一印象を大きく左右するイメージだと思いますが、実はあなたの会社の第一印象にも大きく影響してきます。

例えば、取引の現場において名刺交換をする場合、作業着を着て名刺交換するのと、ピシッとスーツを着て名刺交換するのでは、交換相手の会社に対するイメージが違ってくるのは、容易に想像で切るのではないでしょうか。

つまり、社外の人と仕事をする際、私たちは一人一人が会社の代表であると自覚し、身だしなみに気を遣う必要があるというわけです。

■見た目で判断される

お互いの仲が深く、付き合いが長い人とは見た目で判断されることはなくても初対面やまだ良く分からない人は身だしなみなどの目に見えるところから判断します。ビジネスで人が見た目で判断するのは約9割と言われています。もちろん、内面も大切ですが人柄や考え方などが見た目にも出てくるとなると身だしなみもしっかりしておく必要があります。

■身だしなみが大切なワケ

「今日はいつもと違ってやる気が出ない」「仕事では目立つことはできないから、せめて身だしなみだけでも」という気持ちが外見を変えてきます。毎日ダルダルしたシワがあるシャツは相手に伝わる印象が悪くなります。社会人として会社員として仕事をしているという自覚が欠けていると判断されてしまいます。これは本人がやる気であっても身だしなみが悪いとそういうふうに見られてしまいます。

外見は、自分の情報がたくさん出ていると判断してください。そして、身だしなみは口にしてお話しするよりもあなたの中身を語ってくれるのです。

■中身を変えるよりも簡単にできる

服装は、印象だけでなく人の中身をも変えてくれます。その場所に合った雰囲気の良い服装を着こなすことです。それは、内面を磨いていくよりも簡単なことで外見から気を付けていくとおもしろいことに内面も少しずつ変化してきます。

■まとめ

一般的に、15秒で第一印象が決まってしまうなんてデータもあります。本能的なことで脳が勝手にそう記憶してしまうのです。ですから、第一印象は人生までもが左右されますし、同時にあなたの属する会社の未来も左右してしまう可能性があります。自身の身だしなみの気を使うということは、常に自分自身が会社の代表であるという自覚につなげていくことでもあることを理解していきましょう。

人と企業との懸け橋となる人材業界について興味をもたれた方、また、これから就活に挑むかたは、当方でも新たな人材を求めております。興味のある方は、株式会社エントリーまでご連絡お待ちしております。