新卒者の意外な盲点!?足元の靴は要チェックポイント!!

身だしなみ

社会人としてスーツを着こなすには、そのスーツに合わせて靴も用意する必要があります。
どんな靴を選べばいいのか、女性ならヒールの高さやデザインでも迷ってしますし、靴選びやお手入れなどで悩んでいる方もいるのでは? 靴の履き心地や歩きやすさを決めるポイントは、デザインや素材によってイロイロ変わってきますが、いずれにしても違和感のないものであることが大切です。

■好感度の高い新入社員の靴選びポイント

・インポート品ではなく国産を選ぼう
・リーズナブルなものを何足かそろえローテーションで履くべし
・TPOに合わせて靴磨きをしよう
・外回りが多い人はゴム底で滑りにくく水に強い物を用意するべし

デザイン性が高い靴を選ぶことで、若々しさやアクティブな印象を与えることができます、オーソドックスなデザインの靴であれば、落ち着いた安定感のある印象を与えることもできます。デザインによって相手に与える印象をコントロールすることができるというわけです。

■靴のお手入れも忘れずに!!

革靴は2足以上持っておくことをおすすめします。風通しの良い場所に置いて少しでも水分が蒸発するように保管しましょう。お手入れといえば、特に重要なのは「靴磨き」です。普段は靴にブラシをかけるだけで十分ですので、履くたびに靴ブラシをかけましょう。

靴用ブラシには大きく分けて馬毛と豚毛の2種類があり、普段の誇り落としには馬毛のブラシを使用し、靴クリームを塗った後のクリーム落としなどに豚ブラシを使用して下さい。お手入れ方法もよく考えて選びましょう。

◇男性編
男性は黒のひも靴が一般的です。足にフィットしやすくなります。この2種類は、ビジネスシューズの中でフォーマル性が高いものとされています。

◎プレーントゥ
シンプルなデザインで甲の部分に縫い目がないのが特長です。ビジネスシューズの定番と言われています。

◎ストレートチップ
爪先に横一本の縫い目があるのが特長。1足所持していれば冠婚葬祭などあらゆる場面で使用することができます。アッパーのデザインはビジネスシューズでも最もオーソドックスとされているストレートチップが良いですね。真面目できちんとしたデザインということです。色は黒に絞り込んで靴選びをしましょう。

新入社員が一足目として履くにはノーズは短めでつま先は丸みがあるものの方が印象はいいでしょう。ビジネスパンツとのバランスを考えるとそちらの方が合わせやすく落ち着いた雰囲気がでます。色だけでなく、形からの印象も大事だということに気が付くはずです。

◇女性編
女性は黒のパンプスが一般的、ヒール3~5cm太いのを選ぶと歩きやすくなるので安定感があるので、ピンヒールのように不安定で疲れやすいのはさけていきましょう。

プレーンタイプは装飾のないシンプルなデザインのパンプスです。全身が整ってみえますので、すっきりとした印象を与えることが出来ます。パンプスに履きなれていない場合はストラップ付きを選ぶのも1つの手です。ストラップで足を固定するので歩きやすくなりますが、通常に比べるとカジュアルに見えますが、歩きやすくなります。

せっかくスーツを仕立てたのに、スカートタイプのスーツを着用する場合はパンプスに目がつきやすいので注意が必要です。ビジネス用の靴の違いに注意し、自分に合った靴を選びましょう。

■まとめ

スーツに合うシンプルな革靴やパンプスは、オーソドックスなビジネスシーンではマットな感じで履いていただき、パーティーなどの際は表面仕上げで磨いて、華やかにして履いてください。磨き方も含めてマナーとして据えるといいですね。

社会人としてのスタートです。株式会社エントリーで活躍の場を広げていきましょう。