男女の身だしなみはココがポイント!!

身だしなみ

就職活動をする際、身だしなみは当たり前の如く重要です。スーツにシワがよっていたり、袖、襟が汚れていたりすると、第三者から見ても気持ちの良いものではないですよね? そこで、就職活動をする際、何が大切なのか身だしなみのポイントをみていきましょう。

■男性編

◎髭
男性の顔の身だしなみといえば「髭」でしょう。髭が伸ばしっぱなしで無精髭は不衛生に感じられます。プライベートでオシャレに伸ばすのは構いませんが、ビジネスの場においては相手次第で印象がマイナスとなることにも繋がることだけは覚えておきましょう。

◎服装
服装には3つのポイントがあります。

・清潔感があること
・相手に不快感を与えないこと
・動きやすいこと

ここでは、清潔感があることについて、詳しく説明していきます。清潔感とは、一部のクリエイティブな職種を除いては個性を出さずに「スーツ」で挑んでください。

スーツは、黒や紺、グレーなどの、シンプルな色を選び、派手なストライプや明るい色は避けましょう。2つボタンや3つボタンはどちらでも構いませんが、着用する際は一番下のボタンは外しましょう。

ワイシャツ
ワイシャツは、ボタンダウン以外のものを着用し、色柄物は避けましょう。白以外で言うと淡い色合いのものでも構いませんが、やはり就職活動は白が無難です。特にワイシャツは、シワや袖、襟の汚れが目立つのでキチンと洗いアイロンがけをしましょう。

ネクタイ
ネクタイは、身だしなみの中で、唯一個性が出せる部分です。だからといって、派手なものは選ばず、色は青や赤、黄色といった濃い色のものを選び、ストライプや控えめのドット、単色など、できるだけシックな柄のものを選びましょう。

靴下
靴下は、黒や紺、ダークグレーなど、スーツに合わせた色を選びましょう。白や派手な色合いのもの、くるぶしまでのカジュアルな靴下、大きな柄の入ったものは避けましょう。

◎靴
靴は、オーソドックスな黒の革靴を選びましょう。汚れていたり、履き古したくたびれた靴は面接官に良い印象は与えません。だからといって高価な靴は買う必要はないので、綺麗に磨かれた靴を履きましょう。新しく買った靴は靴擦れを起こす可能性があるため、面接の前に少し履き慣らしておくのが良いです。

◎小物類
時計については、ビジネス用の時計を身につけましょう。文字盤がシンプルで、黒や茶色系の革ベルトか、シルバーのものが無難です。高級腕時計やゴールドのベルトのものは良い印象を与えません。

カバンについてはA4のサイズの書類が曲げずに入るビジネスバックがおススメです。色に関しては、靴やベルトの色に合わせるのが一般的ですが、オーソドックスな黒が無難でしょう。素材は革製でもナイロン製でもOKです。

ベルトは靴の色に合わせるのが基本で、牛革などシンプルなものを選びましょう。また、使い古して穴が広がったものや、ひび割れているものは避けましょう。

■女性編

◎顔
女性の身だしなみのポイントであるメイクについてご紹介していきます。まず、メイクはつけまつげやマツエクなど付けないナチュラルなメイクを心がけましょう。アイシャドウはブラウン系やベージュ系のものをつけると無難です。

◎服装
服装にはついてです。ポイントは男性編でお話しました通り、三つのポイントが大切です。
女性の清潔感について、説明していきます。

スーツはやはり黒や紺がベストです。アイロンがけをし、シワがないかチェックしましょう。スカートの丈は膝丈くらいのものを用意しましょう。

ワイシャツ
ワイシャツは白か淡い色合いのものを準備しましょう。袖や襟元の汚れをチェックししっかりとアイロンがけをしましょう。

◎靴
色は黒か茶色を選び、ヒールが高すぎるものやミュールなどのカジュアルなものは避けましょう。

◎ネイル
あまり長すぎると不衛生に感じられますので、綺麗に整えておくのが基本です。マニキュアの色は透明や薄いピンクを選びましょう。

◎カバン
カバンについては男性編でもお話しました通り、A4のサイズが曲げずに入るビジネスバックがおススメです。色に関しては、靴の色に合わせるのが一般的ですが、オーソドックスな黒が無難でしょう。素材は革製でもナイロン製でもOKです。

■まとめ

最後に、身だしなみで大切なことは、清潔・爽やか・明るいこと+α笑顔で乗り切れることでしょう。

人と企業との懸け橋となる人材業界について興味をもたれた方、また、これから就活に挑むかたは、当方でも新たな人材を求めております。興味のある方は、株式会社エントリーまでご連絡お待ちしております。