身だしなみで注意するべきコト

身だしなみ

就職活動の際に、身だしなみはチェックするかと思いますが、それではどのような点に注意してチェックしたら良いのか見ていきましょう。

■身だしなみのポイント

身だしなみで注意しないといけないポイントは、以下の3つとなります。

◎清潔感
◎調和
◎服装の機能性

そこで、今回は、調和について詳しく見ていきましょう。

■調和とは?

社会の輪を乱した身だしなみの場合、自身に対して不信感を抱かれるだけではなく、上司にも迷惑がかかる場合も想定されるので、気をつけましょう。

会社の雰囲気は、最初はわからないものなので、入社した後に先輩社員等にお話しを聞き、身だしなみの参考にするのも良いですね。

■職場の雰囲気に相応しいものとは?

職場の雰囲気に相応しい身だしなみを着けなければなりません。オシャレとは全く違います。オシャレと身だしなみの違いについて見ていきましょう。

◎オシャレとは
その格好をしている本人が好きで気に入っていればOKなものを言います。周りの人が見て、驚いたり、不思議に思われたりしても関係ありません。奇抜な髪型や派手なアクセサリー、ダメージの入ったジーンズを履いても許されるものです。

◎身だしなみとは
身だしなみとは、上記で話したオシャレとは違い、ダメージジーンズを履いてしまうと、場をわきまえなさいなどと厳しい反応や、信用できないイメージを持たれることでしょう。

■職場の雰囲気に相応しい身だしなみ

職場の雰囲気に相応しいような身だしなみを見ていきましょう。

◎髪型
男性は、目や襟足にかからないようにすることがポイントです。無精ひげ、長いもみあげにも注意します。

女性の場合は、ロングヘアーの場合は髪を束ねるなどをして、前髪が顔にかからないように注意しましょう。前髪をかきあげる仕草は周りの人に見苦しい印象を与えます。

髪色は、男女共に、自然に近い色にしましょう。

◎スーツ
スーツは以下のことに注意しましょう。
・購入は着用シーンをイメージして選ぶこと
・自分のサイズをしっかりと把握すること。袖は長すぎないか、背中にはサイズが合っているか、丈は踵が少し隠れる程度など。服屋さんで相談し、その場で計ってもらいましょう
・色柄をいくつか揃えておきましょう
・流行もある程度把握しておくこと
・シャツとネクタイも数種類用意し、スーツに合うものを選ぶこと
・帰宅後は厚めのハンガーに掛けて型くずれしないように
・ポケットの中身を必ず出すようにする
・脱着後はブラッシングしてホコリ取りなどの手入れを
・時々クリーニングに出すこと

■まとめ

身だしなみで注意しないといけないポイントは、清潔感、調和、機能性です。その中で、調和について見ていきましたがお分かりいただけましたでしょうか?

大切なのは職場の雰囲気に相応しい身だしなみをすることです。オシャレと身だしなみを履き違えないように注意しましょう。

人と企業との懸け橋となる人材業界について興味をもたれた方、また、これから就活に挑むかたは、当方でも新たな人材を求めております。興味のある方は、株式会社エントリーまでご連絡お待ちしております。