就職活動の身だしなみは髪型も意識するべし!!

身だしなみ

髪型やヘアカラーは体の中でも最も目に付く頭部にあることから、他者に与える印象は非常に大きなものがあります。ヘアカラーに比べれば髪型なんてたいしたことないと思っていると、ビジネスの場ではマイナスとなってしまうことも、多々あります。今回はそんな髪型について見ていきましょう。

■髪型のポイント~男性編~

男性はどちらかというと短めに切りそろえておくことで、清潔感があると見られる傾向にありますし、おススメといえるでしょう。そういった状態を基本とした上で「髪も含め顔が相手にしっかり見るか」といことをポイントにして細部を整えていきます。

◎男性の髪型ポイント
・前髪は長すぎないように意識する。
・サイドの髪でこめかみを隠せる位の長さにする。
・もみあげは長すぎないよう意識し耳くらいまでにする。
・襟足の髪も襟にかからず長すぎない長さとする。

◎髪の色もあまりにも変わった色でなく自然体な色で!
明るい色で染めている方は、できれば自然な色に近い色が染め直すことがおススメになってきます。ただし、髪の色が元々明るい方はあえて黒くする必要はそこまでありません。

◎雰囲気を作るためのスタイリング
最後に短く切り終えたら、TPOに対応できるような雰囲気をかもし出せるようなスタイリングです。ワックス・ジェルなどを使い、より整った身だしなみの印象を与えられるように髪型を整えます。

ジェルのような水性に近いスタイリング剤などを、常時携帯しておくことで、不意な髪型崩れも素早く簡単直すことができます。

■髪型のポイント~女性編~

女子の場合、男性に比べ髪型のバリエーションが多くなりますから、あえて長い、短い、といった点に拘る必要はありません。ただし、身だしなみとして考えた場合、男性同様整った印象を与える髪型とすることは意識していきましょう。

◎顔全体が見られるように工夫
最も大切になってくるのは、あくまでも相手に表情が伝えきれ自分の顔を見せることです。
それにはまず「眉毛と耳は見せる」になってくるので、前髪を横にかけ流す等して、見えるように心がけるといいでしょう。

◎髪の色はごく自然な色で
髪の色は、男性とほぼおなじで、元が明るい髪の色をしている方は無理して黒くする必要はないです。

◎スタイリングするための髪のブラッシング!
まず、スタイリングをする際はしっかりブラッシングをします。その時には男性と同様にワックスやジェルを使用することをおススメします。なお髪の生え際から整髪料を付けていくのがポイントです。

◎髪にアクセサリーは使わないのがBEST
髪をまとめる時は単純にヘアゴムを使い行いましょう。その際は浮かないよう茶・黒・紺等の目立たない色で、ヘアーアクセサリーは使わないようにすると、整った身だしなみとの印象を与えることができます。

また、一本に結ぶ時には、襟足も特に注意が必要です。後れ毛はヘアピンで止めて産毛はしっかり固めるようにすると清潔感が出て印象も良くなります。

人と企業との懸け橋となる人材業界について興味をもたれた方、また、これから就活に挑む方は、当方でも新たな人材を求めております。興味のある方は、株式会社エントリーまでご連絡お待ちしております。