身だしなみに気を配るべし! 男性スーツの着こなし方

身だしなみ

 周囲の人たちに会う前に、自分の身だしなみに気を配る…これは、社会人になるぞ!という意思の表れです。
自分さえよければいいという自己中心的な考えではなく、周りの人が不快に思わない様相を保つという点に、十分注意を払うべきでしょう。

 殊に、面接や企業説明会では、参加する人皆が「就活」に関係する人たちです。
参加した場所や面接会場で「浮いている」印象を持たれるような身だしなみは控えるのが無難です。

必要最低限の身だしなみは確保すべし

 特に就活シーンでは、自分らしさや個性への思いを、服装で表そうとしない方が良いでしょう。OB・OG訪問やガイダンスに参加するときも、普段着(カジュアル)ではなくスーツが基本です。

 ただ、インターンシップやイベントに参加する場合は、懇親の目的で催されることもあるので、前年に開催された時の雰囲気を知人や先輩に確認したり、あらかじめ企業担当者に質問するなど、ふさわしい服装について調べておく様にしましょう。

 説明会や就職試験、面接の予定は、いつどのタイミングで起こるか分かりません。
就活を意識し始めたら、まずは自分の体形に合った就活用のスーツを準備しておきます。

身だしなみが不安にならないための準備を

 スーツを購入しても、全体の身だしなみを考えると、それで準備が十分とは言えません。
男性用スーツと合わせて必需品ともいえる靴やワイシャツ、ネクタイの準備と保管はきちんとしておきたいですね。

 思わぬきっかけで、社会人の諸先輩方と会う約束を交わす可能性もあります。
一度着用したスーツを乱雑に保管していると、肩や首回りにほこりや汚れが付きやすくなります。
自分にとっては小さな汚れやほつれに見えるかもしれませんが、会う相手には意外と目につくものです。
定期的にクリーニングに出し、シワがつかないように保管することで、いざという機会を逃さずに済みます。

 就職活動が活発になると、スーツやシャツを着る機会も増えます。
すると、スーツを着ることに慣れてしまい、ほんのわずかな汚れやシワを当たり前に感じがちです。

 身だしなみの基本は「相手への配慮」。
伸びた髪はごまかすのではなく、すっきりと清潔な印象を持たれるように、こまめにカットするほうが吉。
カラーリングしている髪は、黒に戻しておくほうが無難でしょう。

 また男性は特に、ひげのそり残しや、襟元、袖口、スラックスの裾、靴の汚れなど、普段以上に身だしなみを整えるポイントを、日ごろから意識しておきましょう。