会社での身だしなみは崩せない!

身だしなみ

身だしなみはその会社の重要部分(顔)となり得る可能性も時に出てきます。この記事で、【崩せない】会社での身だしなみとは何なのか、詳しく紹介していくことにしましょう。

■身だしなみ!

簡単に身だしなみといっても、場所や環境によって求められる度合いは様々です。とてもきっちりした身だしなみを求められる場所もあれば、最低限の清潔感を意識していれば大丈夫な場合もあります。
今回は会社での一般的な身だしなみについて考察します。

自分は大丈夫と自信があっても見落とすことがあるものです。
会社の人たち、もしくは訪問先や会社への訪問客などに対して、気を付けるべき身だしなみや、男女での相違部分の箇所も下記で紹介していきましょう。

◎スーツ・シャツ
基本は男女共に体形に合うものを着用し、袖の末端・襟元は汚れやすいので、清潔を心がけ綺麗にすることを意識し、洗濯とアイロンの済んだ物を着用すると相手へも好印象を与えやすいでしょう

◎ズボン(パンツ)
裾の丈が短い長い極端でなく、少々ゆとりがあるくらいがいいかもしれません。ですが、スーツにも流行りの形がありますので、それらを意識しつつあまり度の超えない程度に、自分らしいPRが出来るようなものが選べるといいですね。

◎靴下・靴
●男性の靴下・・・・その時のTPOに応じて、無難となってくる定番の黒色や紺色を履いて、靴もこの靴下や上半身のスーツ等の色に合わせた色だと問題はないでしょう。

●女性の靴下・・・・靴下の色は男性とほぼ同じですが、女性は少し異なり、靴は革靴だけでなくパンプスといった選択肢があるので、ストッキング等になります。一番気にしておかなければならないのは伝線などでしょう。会社によってはヒールが大丈夫なところもありますが、高すぎる物は避ける様にしましょう。

◎爪(ネイル)
ビジネス(仕事)で男女共に爪は、伸びすぎていては印象が悪いです。女性の場合、アレンジがいろいろできるネイルがあるので、仕事や職場にあったものにするようにしましょう。
意外と手は見られています。工夫や気遣いが伝わる部分でもあるので、気を付けておきたいところです。

◎髪型・髪の色
髪の場合は、会社ごとで許容の差がある為、それぞれの会社にあった髪色、髪型を意識しましょう。注意する所は心がけ、奇抜すぎない限り、自然さのある髪型や髪の色にしておくと特に支障は無いでしょう。
◎清潔感
清潔という部分は影響力が大きく、印象も後々かなりの割合で関わってくる為、営業等で
人と接する機会が多い方は相手に「(仕事が)出来そう」、「親しみやすい」を使い分けると良いでしょう。

●相手への不快感
肌の露出が多く、配慮が必要な服装も避け、仕事に支障が出る服装や、模様や突拍子もない柄も避ける様に心がけましょう。

◎その他 外見
●男女ともに自己をPRし過ぎて、逆効果になり得る可能性も多いにあり得るので、配慮することを忘れない様にしましょう。

■まとめ

いかがでしたでしょうか?単に身だしなみといっても、会社勤めを始めるとなると、様ざまな項目(規定・規則)が設けられていたり、相手からの印象を気にしないといけなければならなかったりします。
自分中心に考えず、会社や周りのこともいろいろ気遣える身だしなみができる様、心がけていきましょう。

人と企業との懸け橋となる人材業界について興味をもたれた方、また、これから就活に挑む方は、当方でも新たな人材を求めております。興味のある方は、株式会社エントリーまでご連絡お待ちしております。