オシャレ女性は注意!場に応じた身だしなみを心がけよう

身だしなみ

 就職活動をしていると、特におしゃれな女性は「リクルートスーツって味気ない…」と思いがちです。
服装は皆同じようなスタイルだし、どこかで個性を出したいと考える女性もいるかも知れません。

 しかし、おしゃれと身だしなみは全く違います。
そこで、就活に励む女性を応援すべく、就活で気を付けたい身だしなみポイントについてお教えしましょう。

選べる女性の身だしなみ 自分に合ったもの

 就活スーツを選ぶポイントをおさえておきましょう。
男性は定型のスーツスタイルが一般的ですが、女性の場合、スーツの形や色目、デザインを見ても選択肢が多いのが特徴。

 例えば、パンツスーツにするかスカートスーツにするか。
また、タイトスカートなのかフレアー・チューリップ(裾がわずかに広がったデザイン)ラインなのか。男性が選ぶよりも自由度と組み合わせが多いと感じるでしょう。

 どのスーツが自分に合っているか。体形や使い勝手、手入れが楽なもの、組み合わせがしやすいものなど、ここはスーツを取り扱うお店の人に相談して決めるといいでしょう。

清潔感と身だしなみ 女性の印象度を上げるために

 就活をする上で何より大切なのは、面接や説明会であった企業の方々に、「清潔感があって真面目(知的)な雰囲気を感じてもらえるか」どうかです。
志望する企業の業態や業種にもよりますが、堅い印象がある職種なら、やはりかっちりとした「くずさない」スタイルで、アパレルやクリエイティブな職種であれば、身だしなみに加えて小物やブラウスを上手く選んで、自分らしさをアピールするのも良いでしょう。

くたびれた感は嫌われる 女性ならではの手入れポイント

 就活が本格化すると、スーツを着用して出かけたり、人と会うことも多くなります。
繰り返し着用するスーツは、ほんのわずかでも「くたびれている」感が増すと、身だしなみに気を配れていない印象を相手に与えてしまいます。

 特に、ボトムの座りシワや、ブラウスの襟ぐり、袖口の汚れには注意しましょう。
あと、見落としがちなのが靴です。
パンプスをはいて出かけることが多いでしょうが、毎回同じパンプスをはくと、つま先やかかとの傷みが目立つ様になります。

 できれば、シンプルなパンプスを二足準備して、「交互にはいて靴を休ませる」様にしましょう。
また、ストッキングが伝線していないかも確認し、もしもの時に備えて予備を一足持っておくことをお勧めします。

化粧はほどほど 香りは不要 身だしなみとおしゃれは違う

 自分アピールの手段として「メイク」を頑張るのはNG。
しかし、ノーメイクで就活を成功させる事もできません。
相手への配慮を考えれば、ノーメイクで人に会うのは、身だしなみを整えていないのと同じこと。
また、自分がステキな香りだと思って愛用している香水も、同席する相手は不快だと思うかもしれません。
マナーを心得て、相手を不快にしないような身だしなみを形にしましょう。