清潔を意識した身だしなみとは

身だしなみ

清潔という部分で、実際に私達はどこまで気にしているのでしょう? 常に気遣いができているという方はどのくらいいるのでしょうか。今回は、「清潔」「身だしなみ」に関する、知っておくと良いポイントを紹介しながら見ていく事にしましょう。

■清潔を保ち気遣うとは?

そもそも清潔とは一体何なのでしょうか。毎日の歯磨きやシャワーなどは最低限の清潔ですが、それ以外の清潔を保つという事について、具体的に下記で紹介していく事にしましょう。 

◎髭や産毛等は、毎日剃り残さない様にしよう
男性は髭を、女性でも眉毛や産毛等、気になる箇所はキチンと剃って、剃り残しのないように気を付けましょう。更には女性の場合、剃る事で古くなった角質も一緒に取り除けるので、より美肌になるかもしれませんよ! 気になる方は1度試してみてはいかがでしょう!

◎当日着る服装を整える
着る予定のシャツなど、アイロンをかけ忘れてしまうと、シワシワでヨレヨレのシャツで会社に行くことになります。そのようなシャツを着ている人の印象は、あまりよくないといえるでしょう。仕事もできないようにみえるかもしれません。
事前にしっかりと確認する癖をつけて、ビシッとしたシャツでできる社会人を演出してみてはいかがでしょうか?

◎靴も綺麗にするのを忘れない
チェックを怠らないで、前日までに綺麗にすることや磨いておくとなどの処置があると、朝急いで出かけてしまった時に、汚れた靴で一日過ごさずにすむので、衣類同様、事前準備をおすすめします。足元は結構しっかりと見られているので、注意して綺麗な状態を心がけていく様にすると良いでしょう。

■清潔の心掛け+爽やかさ=清潔感

清潔な状態を維持し続ける事も重要ですが、一工夫それに「爽やか」という「ジャンル」を加える事で、清潔感も共に兼ね備える事になります。

毎日お風呂にはいって、洗濯した衣類を着ていても「清潔感」にはつながりません。
例えば、肌の調子や顔色が悪いと、体調が悪そうに見えてしまいます。爽やかさは健康あってのことです。肌が乾燥していると、肌トラブルが起きやすい環境につながりますし、顔を洗って綺麗にしていても、鼻毛が出ていては台無しです。

つまり「清潔感」とは、外見を意識することです。人に与える印象に直結しているといっていいでしょう。上記で示した清潔に関する項目は、清潔というマナーとして、社会人としてできて当然のイメージです。清潔感を意識するとしたら、常に周りに対して気遣い出来る様にしたいですね。

■まとめ

身だしなみは『清潔・清潔感』、両方あるとより好感がもたれやすいということがお分かり頂けましたでしょうか?

人と企業との懸け橋となる人材業界について興味をもたれた方、また、これから就活に挑む方は、当方でも新たな人材を求めております。興味のある方は、株式会社エントリーまでご連絡お待ちしております。