身だしなみのチェックポイント 第一印象をよくするためには

身だしなみ

 就活を行ううえで、身だしなみに気を遣う(気を付ける)のは大前提です。
しかし、就活マニュアルを忠実に守ることのみに注視するだけでは、完璧とも言えません。

 就活する人が目指す業種、業態は様々で、多岐にわたります。
身だしなみを整え、それにプラスして自分が目指す道に沿うような印象を与える雰囲気づくりをしましょう。
たくさんの就活者がいるなかで、良い第一印象を持ってもらうきっかけになります。

企業や業界によって身だしなみの傾向がある!

 いろんな業界に活路を見出す就活中の人もいれば、業界を絞って「ここだ」という企業にターゲットを絞る人もいるでしょう。

 あらかじめ、志望する企業の情報はリサーチして就職試験や面接に臨むでしょうが、社風や働く人の様子、会社の雰囲気をおおまかに調べておきましょう。

 また、かっちりした堅いイメージなのか、服装などにこだわらない自由度があるのか、業界ごとによって身だしなみのハードルや重要性が異なるので注意が必要です。

第一印象が良くなる身だしなみポイント

 業界や企業によって異なる「身だしなみポイント」。
異業種の企業をいくつか志望するときは、スーツやシャツ、メイクを変えて、その傾向に合わせましょう。

 第一印象は、就活する人をぱっと見た時の視的要素が大きく関わります。
ファーストコンタクトで「これはちょっと…」と思われてしまうような、服装・手先・靴の汚れやヨレは絶対にNGです。まずは清潔感をクリアしましょう。

第一印象をよくする身だしなみ 男性編

 男性が就活に臨む服装は、スーツが基本。
業界の雰囲気が堅めの「銀行」や「行政関係」なら、紺スーツに白シャツ、ブルー系ネクタイでさわやかに、かつ誠実さがにじむような第一印象を狙いましょう。

 また、IT系やアパレル、一部流通系(百貨店は堅めのイメージに合わせて)は、若干柔らかい印象のほうが無難なケースが多いです。
黒のスーツを基本にして、シャツやネクタイの色、柄で身だしなみとおしゃれのバリエーションを広げましょう。
ただ、いくらカジュアルがOKの業界でも、ショルダーやリュックのようなバッグは、身だしなみ意識に欠け、第一印象は決して良くないと思っておきましょう。

第一印象をよくする身だしなみ 女性編

 就活をする女性が、身だしなみで気を付けておきたいポイントは、髪型とメイクです。
スーツやシャツ、靴などのチョイスは男性よりも幅が広く、またそのバリエーションも受け入れられやすいですが、靴先の汚れやストッキングの伝線、ボトムやスーツ襟元のシワやヨレがあると、身だしなみに気を配っていないと思われます。
即第一印象を悪くし、その印象は簡単に覆りません。

 女性はメイクで印象がグッと変わります。
ただ、あくまでも基本はナチュラルメイクです。
眉の長さやチークの入れ方によって、知的、華やか、締まった、やわらかいなど、第一印象に差が生まれやすいので、逆に傾向に沿ったメイクを練習しておくと良いでしょう。

 明るすぎる髪色は、少し抑えめに調整しましょう。
傷んでまとまりのない髪は、身だしなみが整っている印象には程遠く、不潔だと思われてしまうかもしれないので、髪の手入れにも気を抜かない様にしましょう。