新卒の新入社員が悩むオフィスカジュアル問題

身だしなみ

新卒の新入社員は、何を着ていけば良いのでしょうか。おそらく、服装に無頓着な人も世の中には、多く存在します。ここでは、フォーマルなウェアではなく、新卒の新入社員が悩むオフィスカジュアル問題について紹介しましょう。

■会社で着用するのはどっち

会社に勤務するとなると、制服のない会社もあるので毎日が、着用する服装に気を使う事でしょう。特に新卒で入社した女子社員にとっては、頭の痛くなる問題でもあります。男性の場合は、スーツを使いまわす(あるいは着た切り)の場合もあるかもしれません。

いくら新入社員と言えどもスーツの2~3着は必要になるでしょう。女性の場合も、就活用に着用したスーツを着用できれば問題ないのですが、意外と気になるのが、女性同士の視線なのでしょう。気にしないつもりでいても、同じ服装でいると、変な噂さえ立ちかねないのですから。女性に勧めたいのがオフィスカジュアルという事になります。

■オフィスカジュアルの定義

そもそも、オフィス カジュアルって何でしょうか?オフィス カジュアルの定義が存在するのか疑問なのですが、会社によっても曖昧なのです。男女ともに最初は、就活スタイルでも良いのですが、職場の先輩や上司に対してどのようなオフィスカジュアルが良いのかを質問した方が良いでしょう。自分の判断で着用してしまうと、思わぬ叱責を受けかねないからです。

オフィスカジュアルとは、男性は、ビジネスに適した服装が基本となり、柄物や派手なカラーは適さないでしょう。スーツのように、上下を揃えるよりは、色や素材の組み合わせでいくつかのパターンを使いこなす事が必要でしょう。

基本的にはビジネススーツを多用した方が良いのです。社風によってオフィスカジュアルが自由な会社も外資系には多いのですが、保守的な日本人を相手に仕事を進めるのであれば、ビジネススーツに近い物を着用して大胆な冒険は避けるべきでしょう。

■女性だからこそオフィスカジュアルが必要

オフィスカジュアルには、定義が定まっていないとは言え、女性にとってスーツスタイルは、見る側にとって、硬い印象を与えてしまいます。男女差別とも取られるような発言ですが、女性だからこそ、オフィスカジュアルが必要になるのです。

◎ジャケットの着用
意外と全てに対応するのが、ジャケットの組み合わせです。季節や組み合わせに限らず少なくても1着は用意すべきでしょう。白や淡いカラーのブラウスを組み合わせると清潔感のあるイメージを与えるでしょう。

◎オフィスではパンプスが定番
ローヒールや極端なハイヒールを除いて中間位の高さで、およそ5cm前後の高さで調整した方が良いでしょう。また、靴下よりは、肌の露出がないストッキングを推奨しています。

◎モノトーンや淡い色
女性のファッションに対する気遣いは認めるところですが、あまり派手な印象を与える柄物や原色のカラーは避けた方が良いでしょう。

◎肌の露出を控えめに
ブランドに対する憧れや依存する事は多いのですが、会社で着用する物と私服で使い分けをすると良いでしょう。特に注意したいのが、肌の露出が多い服は、厳禁となっています。

◎バッグや貴金属に注意
バッグにもブランドに対する意識は高いでしょうが、できる限り高級ブランドの使用は控えた方が良いのです。どうしても使用したいのならば、黒を基調とした控えめなスタイルを使用しましょう。

■オフィスカジュアルの着用に意識すべき事

オフィスカジュアルが許されているからと言って、ファッションを重視した考えでは、日本の企業を相手にする会社員としては望ましくありません。オフィスカジュアルの着用だからこそ、注意すべき必要が存在します。新卒の新入社員と言えども、会社を代表する社員の一員として、服装にも最低限度のマナーは必要なのです。

■まとめ

新卒の新入社員が悩むオフィスカジュアル問題とは、会社を代表する1員として最低限度のマナーを心がける必要を求められている事です。着用したい服装ではなく、着てはいけない服装に注意すべきなのです。

人と企業との懸け橋となる人材業界について興味をもたれた方、また、これから就活に挑む方は、当方でも新たな人材を求めております。株式会社エントリーまでご連絡お待ちしております。