身だしなみにおける清潔感へのこだわり

身だしなみ

社会人になると、身だしなみに気を付けなさいと言われる事があります。しかし、気を付けているつもりであっても、他人から見る印象はわからないものです。身だしなみにおける清潔感へのこだわりを理解する事で、社会人としての対応が可能だと思っています。

■身だしなみに清潔感を求めよう

身だしなみには、決められたルールがあるわけではないのですが、一般的に「清潔感」と言われている項目に気を付けていれば、誰もが気にならない見出しなみになるのです。一般的な身だしなみとは、プラス面ではなく、マイナス面に気を使う事が大事だと言う事です。

◎服装における清潔感
絶えず綺麗に心がけるには、毎朝の出勤前や前日に、服装の汚れやシミについて気が付く事が大事なのです。この事は、仕事に対しても利用できる事なので、袖口の汚れや襟元を観察する習慣が身についていれば、観察力を養う事につながります。

自分自身に対して服装や足元に対して気を使う事が、取引相手にも目が行く事でしょう。その観察によって相手の意識の程度や心配りについて推測する事ができるのです。普段から気を配る気持ちは社会における人間の観察力にも役立つ事ができるので、是非、服装における清潔感にも気を使う事です。

◎ヘアスタイルの清潔感
男女共に、短くて整った髪型が望ましいでしょう。勿論、清潔感の為には、洗髪や整髪料にも気を使いましょう。毎日綺麗に整える事も大事ですが、匂いの強い整髪料や洗髪が行き届いていない為に、フケや匂いがあっては、周りに近づきにくいものです。寝ぐせについても印象が悪くなってしまいます。ファッション性を求めるのではなく、普通の状態で乱れがない状態を心がけます。

◎口臭や体臭や化粧品の清潔感
働く事によって、汗をかくのは当然の事ですし、昼休みに食事をすれば、口臭が気になるものです。だからといって、匂いの強い香水や化粧品でごまかす事はできません。かえって悪影響を与えてしまいます。化粧品は、匂いの少ないものを使用して、昼の食事の後に歯磨きやうがいによって、周りの人達に不快な思いをさせないようにするのも「清潔感」に必要な事です。

■気を付けたい身だしなみとは

男性と女性によっても異なります。また、制服と私服の会社でも注意すべき点はあるはずです。
◎男性が気を付けるべき点
スーツなどのシワや汚れがないように、常に2着以上の用意をしておくべきです。ワイシャツの袖や襟元は、汚れが目立つものです。できれば毎日着替える事です。「清潔感」は、アイロンがしっかりされているだけで印象が違います。会社への服装はできる限りクリーニング店で対応しましょう。髪型も短髪で乱れのないようにまとめましょう。

営業回りで外出の多い職場では、着替えを用意したり、必要であれば簡易シャワーの利用をしたりした方が良いです。服装だけでなく汗の匂いなど体臭にも気を使いましょう。毎朝のヒゲの手入れは、しっかりと処理しましょう。ヒゲの処理によって印象が大きく変わってしまいます。「不潔」のイメージが強いからです。

◎女性が気を付けるべき点
服装においては、派手なイメージは避けて、白黒をベースとしたシンプルな服装の方が「清潔感」が際立ちます。男性と同じように服装の汚れやシワについては気を付けるべきです。女性の方が制服の着用が多くなっています。制服の用意も2着以上は欲しいものです。

私服の場合は、毎日の着替えや用意が必要ですが、組み合わせを多用する事で費用をかけずにすみます。職場によっては、明るいカラーを求める職場もあると言います。ファッション性を重視する場合にも、「清潔感」を求める事は重要です。髪型に対しても、短髪でシンプルな事は基本ですが、女性の職場や職種によって許容する範囲や求めるイメージは異なるのですが、「清潔感」は、どの職種によっても共通するものです。

化粧品や香水についても、匂いの強いものは控えた方が良いでしょう。特に注意したいのは、ネイルや装飾品です。あまり派手なものを使用するとイメージが良くありません。会社や通勤においては、どこで会社関連の人に見られているかわかりません。派手な装飾やネイルには注意が必要です。

■まとめ

清潔感のある身だしなみは、自分だけの事柄ではなく、仕事に与える影響も強くなります。日頃から気を付ける事で、会社で出会う外部の人や同僚に対しても「マナー」として必要な事なのです。

これから就活に挑む学生の皆さんへ、当方でも新たな人材を求めております。興味のある方は、株式会社エントリーまでご連絡お待ちしております。