新卒の方が心掛けたい服装 How to

身だしなみ

新卒の方が社会人になった時、服装など気になりますよね。では、特に気つけた方が良いとされることは何なのか、今回の記事で調べましたので見ていきましょう。

服装(ビジネス時・オフィス時)で男性編

ビジネスにおいて、必要とされる外見や相応しいとされている服装とはなんでしょうか。
次に挙げるのは、男女で共通していえることです。

・清潔感がある
・不快感を相手に与えない
・ある程度動きやすい

職種によって服装が変わりますが、上記にあげられているような点は、ビジネスマナーとして大切な身だしなみといえるかもしれません。次に服装と具体例を紹介していきましょう。

スーツのポイント

サラリーマンなどの場合、来客や社外で職場以外の方と接する際は、相手に自社の印象を損ねない為に、きちんとした服装が必要となります。スーツに関する、特に確認したい部分を見ていきましょう。

【ワイシャツ】
袖や襟は汚れやすい部分なので、綺麗にして清潔を保つ必要があります。シワがつきやすい素材のシャツなら、クリーニングやアイロン掛けをしたものを着用するようにすると、ちゃんとしている印象になるはずです。サイズも確認をして、身体にあう物を身に付けましょう。

白のワイシャツは場所や状況を選ばないので、比較的どこでも着用しやすいです。なお、縞模様には若さと知的なイメージもあります。個人の趣味に合わせた、シャツ選びをされてください。なお、柄物や派手な服はフォーマルとはかけ離れ、イメージが損なわれる可能性もある為、場合によっては避ける様にしましょう。

【ネクタイ】
ストライプ(縞々)、ドット(水玉)、チェック(格子)等の規則性がある物が多くみられます。こちらもシャツと同じで、あまり派手すぎないものがよいでしょう。実際に結ぶ際、ベルトのバックルが隠れるかどうかの長さを目安に結ぶことをおすすめします

【靴下】
靴と同じで、意外と周りは足元を見ている事もあります。座敷にあがる予定がある場合などは、靴下に穴が開いているか等の確認も怠らずに出かけましょう。更に、白色の靴下は基本ビジネスには不向きです。スーツ・靴に合わせて、ダークカラー(グレー・紺・黒・茶系等)の靴下を履く様にしましょう。

【靴】
基本ビジネスでは靴の色は茶色・黒色を履きます。他にも同じ靴は続けて履かない、キチンと靴の手入れをするという事に気を遣うだけでも、印象は全く変わってくる為、心掛ける様にしましょう。

服装(ビジネス時・オフィス時)で女性編

女性も男性との大きな違いはありません。しかし特有の条件もある為、紹介しましょう。

【ワイシャツ】
女性で新入社員の場合、しばらくはスーツ一式(ジャケットにスカートかパンツ)という場合もあるでしょう。慣れてくると、ブラウスやワンピースといった個性が出る服装を取り入れることも可能となるかもしれません。

しかし、清潔さと肌の出し過ぎには気を付けましょう。柄はよくある縞々や水玉等が良いとされております。花柄の模様で個性を出す事もおススメです。しかし、派手過ぎなのは着用しない様に気遣いをしましょう。職場の雰囲気にあったものを意識してください。

【靴・靴下】
革靴・パンプス等を履く場合、生足は避けましょう。またストッキングを履くのなら、動きやすく伝線しにくい物を履く様にしましょう。

まとめ

新卒の方が社会人として過ごすのに不安な点は、いろいろ出て来るかと思いますが、まずは服装の部分だけでも自分に自信が持てる様、常日頃から意識しておきたいものですね。

人と企業の懸け橋となる人材業界について興味を持たれた方、又、これから就活という方は当方でも新たな人材を求めております。気になられた方は株式会社エントリーまでご連絡をお待ちしております。