コミュニケーションの技術力を上げる

コミュニケーション

皆さんが普段の生活で使われている「コミュニケーション」に対して、どのようにお考えでしょうか。自分では普通なことだと思い、何も気にせず発している言葉が相手にとってはとても不満に思わせてしまうこともあるかもしれません。このようなことを、できるだけ避けるためのコミュニケーション技術はとても難しいとされます。そこでその技術にはどのようなものがあり、その技術力をどう高めていけばよいのか学んでいきたいと思います。

コミュニケーション技術より上下関係から

まずは何といっても、年上の方や仕事上の先輩などには尊敬・尊重を表し、敬語を使うのが当たり前なことではないでしょうか。いきなり、ため口などで話しかけるのは失礼なことだとされ、相手の不満や怒りに繋がってしまいます。そのためコミュニケーションでは、まず上下関係を第一に考えることが大切ではないでしょうか。

技術力を高めるワザ

【聴き手側にもなること】
信頼関係を深め、相手とコミュニケーションを取り、接していかなければ何も起こることはありません。まず、コミュニケーションをとっていくことが最初ですが、話すだけではなく、聴く側に立つことも大切なのです。

自分の意見だけを言い、相手の意思や意見はあまり聴かないのはコミュニケーションとして成り立っていません。そのため、相手側の意思もしっかり聴いてあげ、考えてみるのも大事なことで、なぜ相手がそのような気持ちなのかを理解しなければいけません。

そして、相手の意思について自分と気が合えば、相手を上手に褒めてあげ気分良くさせてあげることもいいでしょう。でもその逆の意思の場合、いきなり怒り反論していくのではなく、相手が怒らぬようにコミュニケーションとり、お互いの意思が合うように折り合いを付けることが求められます。

【姿勢で感じる印象】
コミュニケーションの際には、姿勢も大事とされています。例えば、会社での会議の交渉中には姿勢はしっかりと正さなければならないでしょう。その姿勢の違いだけで、相手は自分のことがどう見られているかなどを判断しますので気を付ける点とされます。でも、いつでも姿勢を正すのではなく、友達との外食など遊びの際などには姿勢は正されるよりラフな姿勢になる方がお互い会話もしやすいのではないでしょうか。

【非言語という技術を高める】
自分の気持ちを相手へ、言葉以外でも表していく方法を高めていくことがコミュニケーションの技術力を高める上で最も良いこととされています。

その方法は非言語活用を増やすことだといわれており、その非言語とは表現・声の大きさ、トーン・視線・身振り手振り・ジェスチャーなどです。このような技術を使い、会話では表せないような表現をしていくのです。そうすることで、会話だけでは伝わらない気持ちが相手へより大きく伝わり、コミュニケーションの幅を広げ役に立ちます。

まとめ

コミュニケーション技術を高めることで、あなたの印象、好感度はよく見え、仕事での活躍や友人関係でも向上すると思います。是非、コミュニケーション技術について考えてみてはいかがですか。

人と企業との懸け橋となる人材業界について興味をもたれた方、また、これから就活に挑む方は、当方でも新たな人材を求めております。興味のある方は、株式会社エントリーまでご連絡をお待ちしております。