コミュニケーションを効果的に発揮する!!

コミュニケーション

コミュニケーションは、おしゃべりをして話すということではありません。コミュニケーションとは、自分や他人を知るためや知ってもらうための方法になります。ただ単に物事を連絡して伝える、受け取るということではなく、人の考えや感情を理解し合えることです。コミュニケーションを効果的に発揮するポイントをみていきましょう。

必ず必要になるコミュニケーション

私たちは人生でコミュニケーションを取りながら生きています。生まれてから人生の最後まで誰とも話さず、生きていくことはあり得ません。どの人にも確実にコミュニケーションが発生してきます。今のあなたがいるこの現在の状況や人間関係の良し悪し、仕事での状態も何をするにもコミュニケーションで築いてきた結果が表されたものです。

コミュニケーションの力を高めていくには、「相手のことを心の中から深く理解していくこと」、「自分のことも心の中から深く理解してもらっていること」です。本当に分かりあえて信頼できる存在があるということは、とてもよい環境になってくるのではないでしょうか。

コミュニケーションを効果的に発揮するポイント

コミュニケーションは心の働きや意識に刺激を与えて、能力や可能性を導きだす力を持っています。また相手の話しを受け入れて、通じ合うことで安心感や満足感を与える効果もあります。それではポイントはどのようなものがあるでしょうか。

話すことよりも聞くことをうまくする

まず、相手の話に耳を傾けることが大事です。聞く前から物事を一方的に決めつけるのではなく、相手の言葉を聞いて理解する姿勢が必要です。

順序を考えて話す

相手とのコミュニケーションでのポイントは、伝えたい物事を順序よく考えて道筋を立ててから話しをしていきます。一方通行な話しをするのではなく、話しを区切ったりして、相手の話しを聞き、また話しをしやすい雰囲気を作っていくのも大切なことです。

相手の話しを繰り返す

言葉を繰り返す行為は、相手の話しをきちんと聞いているという確認にもなります。ただ単に同じことを繰り返すのではなく、重要だと思うことを自分の意見も交えながら話すとよいです。このときに声のトーンに気を付け、話しのシーンにあったよい話し方をします。もちろん、話の腰を折って変なことをいってしまわないように真剣に聞いて理解することです。

非言語コミュニケーション

非言語コミュニケーションとは、言葉によらないコミュニケーションのことです。話す言葉だけが重要と考えられがちですが、相手を目で見ることや、体で受け答えする態度を感じることによって話す言葉よりも大事な場合もあります。姿勢やジェスチャー、顔の表情も意識しましょう。

まとめ

普段は普通にコミュニケーションを取れているという方もいますが、本当の深い意味では取れていないこともあるのです。相手のことをよく理解して、自分のことも分かってもらうようにしましょう。コミュニケーションを効果的にするポイントを踏まえながら、話していくとよいコミュニケーションの感じになってきます。

人と企業との懸け橋となる人材業界について興味をもたれた方、また、これから就活に挑む方は、当方でも新たな人材を求めております。興味のある方は、株式会社エントリーまでご連絡をお待ちしております。