コミュニケーションを交わす意義

コミュニケーション

なぜ、私たち人間はコミュニケーションを交わすのか不思議です。そこには絶対に理由があり、必要なければ絶対にコミュニケーションを交わすことはないはずです。つまり、そこには何らかの意義があり、コミュニケーションというものが成り立っているわけです。その意義をしっかりと学んでみましょう。

意義なんて簡単です

コミュニケーションの意義としては、相互の気持ちを分かり合うということなのでとても簡単なことです。

まずは相手の会話にたくさん反応し、返事や対応してあげればいいのですから、それでOKです。相互の会話で自分の言ったことに対応してくれることは嬉しいです。無対応なら悲しい。その気持ちです。ということは、相手もそういう気持ちなのです。だからそれを直していけばいいだけなのです。

そのコミュニケーション意義を意識して行動すれば信頼性構築は早くでき、相手にとって頼りになるので相談、悩みなどの本音を語れるのでとてもいい関係が作られるはずです。

しかし、意義なく愛想良く会話をしている方はその場だけの関係だけだし、楽しく笑顔で会話はできるのかと思われますが、本音を語られるまでの存在にはならないと思われます。

コミュニケーション意義で広がる知らないこと

コミュニケーションをしていけば相互の分からない気持ちも分かり合えることができ、そこから交流の場もどんどん増えてくるのはないでしょうか。仕事で言えば発展、友人としては趣味として共にお出かけなど、何も知らなかったことがコミュニケーションをしていくことでどこまでも広がるのです。

コミュニケーションできる方はまわりに多くいて、意義を貫いていけば多くの人と考えや楽しみに対し真剣に考え、繋がり合いがより大きな力として、活躍してくれます。

意義がほしけりゃ叫んじゃえ!!

意義をみせたいなら、相手に遠慮なんかしないで本音を言っちゃえばいいのです。「これが私の本音です」と。そしたら相手も言ってくれるかもしれませんよ。「これは私の本音です」と。ここまで言ってしまえばコミュニケーションは本音しか語ることはありません。
あとは相互の気持ちが納得するまで進んでいけばいいのです。

まとめ

コミュニケーションに対する意義とは、この様に相互の気持ちを分かり合うことを言います。またそこから広がる可能性を最大限に活かしていくことができれば、良いことが多々あるのです。

人と企業との懸け橋となる人材業界について興味をもたれた方、また、これから就活に挑む方は、当方でも新たな人材を求めております。興味のある方は、株式会社エントリーまでご連絡をお待ちしております。