上司とのコミュニケーションは信頼関係を築く!

コミュニケーション

社会人として仕事をする上で、組織の上下関係は何処でもあることです。職場で1日の約3分の1の時間を使用します。接する機会が多いのも上司関係です。共通の目的を達成するためには、お互いの協力が必要です。上司と部下のコミュニケーションについて調べていきましょう。

上司と部下のコミュニケーションポイント

上司と部下のコミュニケーションを取るコツやポイントを紹介します。

1.世代の違いによる考え方を意識する

人生や仕事に対する考え方は、世代によって異なります。以前は、一生懸命働いて出世することを目標にしていた若者の考え方が、今の若者は仕事よりも趣味やプライベートを重視する人が多く、出世よりも安定した地位で暮らしを維持したいと考えている人もいます。

相手の考え方を意識しないで説教をすると、若い部下は心を閉ざしてしまいます。考え方を認めることで、部下とのコミュニケーションは取りやすくなるでしょう。

2.積極的に挨拶をする

年齢が離れた目上の人や上司との心の距離は、自分から積極的に歩み寄る姿勢が必要です。自分から積極的に挨拶をすることで上司も好感を持ってくれます。

3.タイミングを見て声を掛ける

仕事を抱えてチームや部下の管理で上司は忙しいです。忙しそうにしている上司に話し掛ける時は、声をかけるタイミングを見ることが大切です。気を付けることで、上司とのコミュニケーションは取りやすくなります。

4.相談をする

自分で努力もせずに、何でも上司や先輩に聞くのはあまり良いことではありません。仕事でわからないことの相談や質問をすることで、上司や先輩も信頼を感じ仲良くなるきっかけに繋がる可能性があります。業務時間外に共通する趣味の質問や相談をしてみると、より親しくなるかもしれません。

上司と相性や気が合わない時の対処法

職場の上司と個人の感情で関係を絶ったり、言い争ったりするわけにはいきません。私的なことで気が合わない場合でも、最低限の職場関係を構築していくことが大切です。

1.受け流す

職場は、働く場所であり、楽しみでの人間関係を構築する場所ではありません。上司と気が合わないのに無理に仲良くなろうとすると、気持ちが態度に出て、仲がこじれる可能性があります。業務上で必要なコミュニケーションや人間関係の構築は大切ですが、必要最低限の関係性を仕事と割り切って、受け流してしまうことも大切な対応です。

2.丁寧に接する

厳しい口調や言葉で接されるとイラッとするかもしれませんが、上司がきつい口調で接してくるからと言って、自分も厳しい口調で接しては、関係は更に悪化してしまいますので我慢して、敢えて柔らかな口調や丁寧な言動を取るようにします。気が合わない上司には丁寧な接し方をするのが賢い対処方法と言えます。

3.相手の良い所を褒める

気が合わない相手を褒めたりすることは、あまり良い気持ちはしれませんが、褒められた相手は、ちょっとした一言で良い印象を抱いてしまう可能性もあり、気が合わない苦手だと感じたりする相手の良い所を見つけることも大切です。相手の良い所を見つけることで、自分の意識が変わり、印象も変わる可能性があります。

まとめ

職場の上司と良い関係が築けなくて、腹立たしく思ってしまう関係であっても、優しくされたら嬉しいし、厳しくされたら悲しい気持ちになります。失礼なことをいって、無礼な態度を取れば不仲の原因となります。自分の言ったことは忘れて、上司の嫌な言動ばかりを気にしている可能性があります。気が合わなくても、良い関係を築けるように言葉使いや言動には気を付けることが大切です。

就活に挑む学生の皆さん、当方では新たな人材を求めております。興味のある方は、株式会社エントリーまでご相談、連絡下さい。